糖尿病が「治った」女性の悲劇!油断するとめちゃくちゃ後悔するよ?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2型糖尿病のアメリカ人女性の書いた糖尿病本

アメリカの女性2型糖尿病患者グレッチェン・ベッカーさんが書いた本「糖尿病・最初の1年」はとても参考になる本です。

この本は、糖尿病と診断されたばかりの患者が最初の1年に何をどうするべきかが書かれています。内容は、特に糖質制限というわけではありませんけど、とても頷けるものです。

よっしーは糖尿病と診断された後にこの本を購入して読みました、いろいろと勉強になる1冊でしたよ。この本の130ページ目で紹介されているカルメンさんという糖尿病患者さんの話は、とても衝撃的です。

 

筋トレなどの運動とカロリー制限で糖尿病が完治したと勘違いして油断した女性患者の悲劇

 

カルメンさんは太め体型の女性2型糖尿病患者で、おそらく糖尿病を発症してから比較的すぐに診断されたのでしょう。

ラッキーなことに、彼女は食事制限(カロリー制限)と運動だけで血糖値が正常化し、食後にデザートを食べても血糖値が上がらなくなりました。

そこで「よかった~、糖尿病が完治したんだわ♪」と思ってしまい、最初は週1回だけ糖質の多いデザートなどを食べていたのが、やがて1日1回になり、とうとう毎食ごとに食べるようになってしまいました。

 

 

そんなある日、彼女は夜間頻尿とのどの渇きに気が付きました。久し振りに血糖測定をしてみると、なんと血糖値は400もあったのです!!

「でも大丈夫。前と同じように、またダイエットと運動をすれば治るから」…ところが、今度はいくら痩せて運動しても、彼女の血糖値は正常化することはなかったのです。

彼女は今度は、どうしても経口血糖降下薬を飲まないといけなくなってしまいました…インスリン注射をしなくて良い分、まだ彼女はマシなほうかもしれません。

 

にゃご
にゃご

ああ、せっかくチャンスがあったのにもったいないことをしてしまったんだなぁ💦

よっしー
よっしー

デザートを食べても血糖値が上がらなくなった時「この状態が永遠に続く」と勘違いしてしまったのかもしれないわ。

そもそも糖尿病が「完治する」ことってあるの?

糖尿病は、予備軍や境界型と言われる段階であれば治る人もいるそうです。この場合「治った」というのは、病院でOGTT(経口ブドウ糖負荷試験)を受けて正常型と診断されたということです。

ネットでは自己申告だけで「治った」と言っている方もいますが、本当のところはちゃんと検査を受けないと分かりませんよね。

境界型糖尿病の方にゆるやかな糖質制限を1年間継続してもらったところ、69.4%の方が正常型に戻ったという研究結果があります。

そして、治る可能性があるのは境界型糖尿病の方や妊娠糖尿病の方など。ガチの糖尿病になってしまうと、診断された時点ですい臓のベータ細胞はいくらか死んでしまっています。

 

若い糖尿病のお医者さん

 

このため、発症前と完全に同じ状態に戻るという意味での「完治」はまだないです。良くて「寛解」といったところですね。

マンガのカルメンさんはケーキを食べても血糖値が上がらない「寛解」の状態になったのを見て「完治した」と勘違いしてしまい、油断して重症になってしまいました💦

ただ最近、ガンマオリザノールを1日あたり300mg摂取すると糖尿病患者のすい臓のβ(ベータ)細胞を保護し、少し増やす効果が期待できると聞いたので実験中です。

またベータ細胞を増やす薬をマウスに使用して成功したそうなので、いずれこの薬がヒトの治療に実用化されれば「糖尿病完治」もあるでしょうね。

 

 

糖尿病は一生付き合っていかなくてはならない病気

おそらく、最初に糖尿病と診断されたとき、彼女のすい臓のベータ細胞はまだかなりたくさん残っていたんでしょうね。

でも、治ったと思って油断して糖質の多いデザートを食べまくったせいで、残っていたベータ細胞はどんどん死んでいったのでしょう。

せっかく良くなっていたのに、2度目は…もう手遅れになってしまっていたんですね。もったいないことです。

そもそも、本当に糖尿病のケがまったくない人と言うのは、何をどれだけ食べても、運動は特に行わなくても一生糖尿病にはなりません。

 

 

だから1度でも糖尿病と診断された人は、一生気を付けて行かないといけないわけです…ちょっと良くなったからと言って油断すると、本当に後悔することになるかも。

そして、カルメンさんはアメリカ人なので、インスリン分泌低下よりもインスリン抵抗性がメインの糖尿病だったのだと思います。

日本人の場合、もともとインスリン分泌能力が低い人が多いので、もっと気を付けなくてはいけないと思います。

インスリン抵抗性だけであれば改善することもありますが、いったんインスリン分泌能力が低下してしまうとなかなか改善は見込めないので…

 

家族に糖尿病患者がいる方や妊娠糖尿病経験者は特に注意

 

2型糖尿病は、遺伝とのかかわりが深いです。不公平に思えますが、痩せていても若いうちに糖尿病を発症してしまうのはたいてい遺伝のある方です。よっしーも遺伝です…

また、妊娠糖尿病になる女性のほとんどは何もしなくても産後はいったん治ってしまうことがほとんどです。そのため油断しやすいです。

しかし、そういう女性はもともと糖尿病になりやすい体質なので、一般女性の7倍の確率で将来2型糖尿病になるとされています。

よっしーも、実はそのパターンです。妊娠糖尿病が治ったと思って油断したことを後悔しています。どうかくれぐれも、油断しないようにしましょうね。

 

にゃご
にゃご

そうなのか…なんだか切ないな。でも気を付けていれば大丈夫なんだよね?

よっしー
よっしー

そういう体質っていうだけだからね。体質に合わせた食事をしていればいいだけね♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
血糖値をコントロールする
スポンサーリンク
あなたの血糖値、大丈夫?~妊娠糖尿病→2型糖尿病患者の糖質制限漫画ブログ~
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.