胃を切ってしまえば糖尿病が治る!?

胃を切ってしまえば糖尿病が治るのですか?

先日、ある糖尿病専門医の先生とお話する機会がありました。糖質制限推しの医師ではなく、いわゆる普通の糖尿病専門医の先生です。よっしーの主治医ではありません。

その先生は以前は糖質制限食には絶対に反対!という感じでしたが、「糖尿病合併症が進行していない人にはいいんじゃないの?」といつの間にか柔軟な考えに変わっていたので驚きました。

日本糖尿病学会の方針も、だんだん変わってきたのでしょうね。先日は山田悟先生が「健康カプセル!ゲンキの時間」という番組で糖質制限について解説なさっておられましたしね。

さて。その先生いわく「僕も最近は患者さんに糖質制限を勧めることがあるんだけど、みんな続かないんだよ。半年以内に半分以上の人は挫折しちゃう。残りも、1年以内にほとんどやめちゃう。日本人だからお米が食べたいし、食費が高くつくから続けられないんだって」と。

うむ、これはなかなか難しい問題ですよね。よっしーの場合、まだまだ先の人生が長いので、お米が食べたいと言ってる場合じゃなかったわけですが。

で、先生「胃を切っちゃう手術が日本でも保険で出来るようになって、これがかなり痩せる効果があって、3割の人は糖尿病が治っちゃうんだよ」…えっ、本当ですか!?

にゃご
ええー!!仮に糖尿病が良くなるとしても、そのために胃を切るのか?オレは絶対にイヤだなぁ…

よっしー
私だって絶対にイヤよ。簡単に内臓を切ったりして大丈夫なのかしらねぇ?

大食漢がモノを食べられなくなって痩せるからでは?

その話を聞いたとき「えっ…それって、大食漢でインスリンの効きが悪くなって糖尿病になった人が胃を切ってモノを食べられなくなって糖尿病が劇的に改善しただけの話じゃないの?」と思いました。

2型糖尿病になる原因と言えば「インスリンの分泌不足」または「インスリン抵抗性」ですよね。人によりますが、2つの原因から糖尿病が引き起こされます。

このうち、インスリンの分泌不足は加齢や生まれつきの体質(遺伝)が深く関わっていますが、インスリン抵抗性は主に肥満・暴飲暴食・運動不足などによって起こります。遺伝も多少は関係する場合があるそうですけど。

だから、家族に誰も糖尿病患者がいない若い糖尿病患者で太っている場合は、単にダイエットするだけでものすごく改善することも珍しくないんだそうですよ。

…ちょっと食事を減らすだけで劇的に改善する方たちは「イージーモード」で、何とも羨ましい話です。よっしーは遺伝なので。

インクレチン分泌がインスリン分泌を促すのか

肥満の糖尿病患者の胃を切除して糖尿病が改善する理由は、どうやら、モノが食べられなくなることや痩せることだけではないと考えられているようです。

日本では2014年からスリーブ状胃切除術が保険適用されています。これは、下の図(HEALCLINICS様のサイトからお借りしました)のように、胃を切り取って小さくしてしまう手術です。

この手術は大きく開腹しなくても、腹腔鏡で行うことが出来るのだそうです。傷跡が小さく済むことは良いことですね。

この手術で糖尿病が改善する理由として、インクレチンの関与があるのではないかとされています。

インクレチンとは、食事の摂取により消化管から分泌され、すい臓のインスリン分泌を促進するホルモンです。

術後は、まだ十分に消化されていない食物が小腸に流れ込みます。小腸にはインクレチンを分泌する細胞がたくさん存在しており、インクレチンが分泌されてインスリン分泌が刺激されて糖尿病が改善するというのです。

胃がんなどで胃を切除した患者さんも、術後にインクレチンの分泌が増加して糖尿病が改善することがあるそうです。

糖尿病治療のために胃を切りたいですか?

胃を切除することで糖尿病が改善するらしいことは何となく分かりました。でも、みなさんだったら糖尿病改善のためにこの手術を受けたいですか?よっしーは、受けたいとは思いません。

もともとそこまで大食漢でもなく、体重も標準範囲内ですから、手術しても効果はさほど期待できないという点がまず挙げられます。この手術は、BMI35以上の高度肥満の患者さんを対象に行うことがほとんどのようです。

そして、確率は低いとはいえ、手術なので死亡例や術後に不都合が生じる場合もあるんですよ。

肥満減量手術の合併症
現在世界で行われている肥満減量手術について一線の減量外科医が解説します。

糖質制限などの食事療法であれば、ちょっとやってみて自分には合わないと思えばすぐにやめればいいんです。

しかし、胃を切除する手術を受けてしまって、術後に何か困ったことが起きても、切ってしまった胃を元に戻すことはできませんよね?

やはり、内臓を切除してしまうような方法は、もう他にどんなことをしてもどうやっても解決できない場合のみ、最後の手段として行うべきだと私は思うのですが…

結局はインスリンを分泌させることになる

また、この手術でインクレチンの分泌が増加してインスリン分泌を促すということは、なるべくインスリンを分泌させまいとする「低インスリン療法」とは真逆のことをしていることになります。

グラクティブ、ジャヌビアなど「DPP-4阻害薬」や注射薬のビクトーザなどGLP-1受容体作動薬はインクレチンの働きに注目した薬です。

DPP-4阻害薬はインクレチンが分解されるのを防ぎ、GLP-1受容体作動薬はインクレチンに似た働きをします。いずれも、食後血糖値が上がった時にインスリンの分泌を促します。

DPP4阻害薬など
今回はDPP4阻害薬などの、 高インスリン血症を起こす薬剤 について、少し。 DPP4阻害薬について DPP4阻害薬は色々な作用がある薬です。 基本的には 間接的に...

だから血糖値は上がらないかもしれませんが、そもそも糖質をたくさん食べてインスリンが大量に分泌されること自体が動脈硬化や糖尿病合併症の原因のひとつになっているのではないかとされています。

これらの薬や注射は、まだ新しいものです。数十年続けた時に本当に何も心配ないのかどうかは分からないと思います。

「糖質制限は長期間やっても大丈夫かどうか分からない」と言いながら、医師達はこれらの薬はどんどん処方しています。なぜでしょう?

…血糖値さえ下げれば本当にそれで良いのか、よく考えてみなければいけませんよね。

にゃご
内臓を切ってしまうことが本当に最善の方法なのかどうかを考えてみないといけないよな!

よっしー
まずその前に他に何かできることがあるのでは…と思うわ。よく考えてもらいたいわね!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.