糖尿病患者の夢【血糖値を下げる食べ物】は実在する?

血糖値を下げる食べ物は実在する?

「血糖値を下げる食べ物を知りたい」「食べるだけで血糖値が下がる食材を教えてほしい」と思っている糖尿病患者さんはとても多いです。

つまり「何か特定の食品を食べれば血糖値が下がるのではないか…?」と期待して、それを知りたいと思う方が多いわけですね。

残念ながら、よっしーの場合、これまで色々な食品を試してみましたが「これを食べれば血糖値が下がる」という効果を実感できたものは1つもありませんでした。

ただし「食べても血糖値が上がらない」食品はありますよ。キクイモとか…キクイモはイモという名前がついていますけどデンプンはほとんど含んでいませんから。

 

食べるだけで血糖値が下がる食べ物は存在しないという内容の漫画

おそらくみなさんが知りたいのは「食べても血糖値が上がらない食品」ではなく「それを食べると血糖値が改善する、たとえば空腹時血糖値が120から90に下がるような食品」なのだと思います。

もしそのような効果のある「神食材」が本当にあるのなら実にうれしい話なんですけど、実際のところどうなのでしょうか?

健康雑誌で紹介されている食材は、いわゆる「インチキ」ではさすがに無いんだと思いますけど、病院で処方される薬と比べるとその効果は…みなさんはどう思います?

「薬みたいにすごい効果があって、しかも危険な副作用がない上、安くて美味しい」こんな都合のいい食材が本当に実在するなら今頃2型糖尿病で悩む人はほとんどいないでしょう。

 

にゃご
にゃご

最近テレビではやたらと「この食材が健康にいい」と持ち上げているような気がするなぁ。飽き飽きするぐらいに…

よっしー
よっしー

あの『発掘!あるある大事典』の事件の頃から日本人はほとんど変わっていないんじゃないかしらね💦

血糖値を「上げない」と「下げる」ことの違い

まず最初に「血糖値を上げない」と「血糖値を下げる」という言葉の意味の違いを確認しておきたいと思います。

血糖値を上げないというのは、食べても血糖値が上昇しないということです。血糖値を下げるというのは、それを食べることによって血糖値が下がるということです。

糖質制限は「血糖値を上げない方法」、インスリン注射や経口血糖降下薬は「血糖値を下げる方法」ということになります。

 

 

血糖値を上げないのであれば、下がりすぎて低血糖になる心配はありません。しかし血糖値を下げようとすると、時に下がりすぎて低血糖になることがあります。

どちらも血糖値をなるべく正常値に近づけようとするものですけど「無駄に血糖値を上げないこと」と「何らかの手段を用いて血糖値を下げること」は違うということです。

経口血糖降下薬にも「食後高血糖になるのを防ぐ系の薬」と「インスリンの効きを改善して空腹時血糖値を下げる系の薬」がありますが、いわゆる神食材はどちらにあたるのでしょうかね。

 

糖尿病患者の血糖値に賛否両論の食材は多いです

いわゆる健康雑誌には「この食材を食べるだけで血糖値が下がった!」という特集がしょっちゅう組まれています。たまに実家の母が父のために購入してはあれこれ試しているようです。

でも残念なことに私も父も、「〇〇で血糖値が急降下!」とか「××を食べるだけで血糖値が正常値になり医師も驚いた!」などと雑誌で紹介されている食材を試してみても、「効いた!」と実感したことは1度もないんですよねぇ…

インスリンに似た働きをするという某野菜も、ポリフェノールたっぷりのいろいろな食材も、すべて効果は分かりませんでした。残念ながら…

また、同じ食材や飲み物が研究によっては「糖尿病に良い」とされたり、逆に「糖尿病に良くない」とされることがあります。こうなると、どちらが正しいのか本当にわからなくなってしまいますよね…

迷ったら「自分が糖尿病になる前にその食材をよく食べていたか?」を思い出してみてください。

 



 

よっしーの場合、玄米を毎日食べていて糖尿病になってしまいました。だから残念ながら「白米は良くないが玄米などのホールグレインであれば糖尿病の発症を防げる」と言われても困りますし、逆に昔は極力避けていた肉の脂身やバターは、現在では適量食べることにしています。

もしかしたら、それほど糖尿病体質ではない人の場合、白米を玄米に変えるだけで糖尿病の発症を予防できるのかもしれません。

江部康二先生はもともと玄米魚菜食を推奨していらしたこともあり、まだ糖尿病や糖尿病予備軍ではない方には「主食は未精製の穀物が好ましい」としていらっしゃいます。

ただ、それだけでは不十分な人もたくさんいるわけです。江部先生も、運動もしていて玄米食をしていらっしゃったのに糖尿病になってしまったそうです。ご両親が糖尿病だったそうなので遺伝なのでしょう。

その健康情報、本当に真実ですか?

テレビの健康番組、個人のブログ、健康雑誌、企業のサイトなど、すべての健康情報が「公平な真実」であるとは限りません。

自分たちの商売にとって都合の悪いことをわざわざ企業が載せるとは考えにくいですし、テレビ番組であればスポンサーへの配慮があります。都合の悪い情報には、圧力がかかることだってあります。

健康雑誌の体験談ってそのサプリメントの通信販売と必ずセットになっていますし、個人ブログの一部は「〇〇はとても血糖値にいいですが、食材から〇〇を十分に摂取するのは難しいので、この〇〇サプリがお勧めですよ」などといつも特定の健康食品の販売へ誘導していますよね。

ブログを運営している方の多くはブログに広告を貼って収入を得ていると思いますし(よっしーもそうです)公式ブロガーさんはアクセス数に応じてお金をもらいますね。中にはすごい人もいて、そういう人には特別のオファーが来るらしいです。

たとえば「わが社の○○を紹介する記事を書いてくれたら特別に売り上げの2割を差し上げます、他の人たちより高率ですよ」的な。残念ながら小物のよっしーにはまだ来ませんけど(笑)

 

 

仮に書き手が〇〇をまっったく使用していなくても「〇〇で血糖値がどんどん下がりました!さすが〇〇です!」という内容の記事を書こうと思えば書けるのではありませんか?

「今、糖質制限ダイエットが流行っているようですが実は危険なんですよ…それよりも××のサプリメントをお勧めします」などと書いて自社製品を売ろうとする業者さんも多いです。

漫画の中にも登場していますが「ああこの人は個人ブロガーを装っているけど明らかにあの会社の社員さんだろうな~」というサイトも見かけたことがあります。ま、ほとんどの方は調べ方をご存知ないので気付かないでしょう💦

多くの情報には「意図」があります。純粋に自分の体験を踏まえて書かれている健康情報ばかりではありません。

「○○サプリを売りたいから」「話題の××を取り上げればワッとアクセスが集まりそうだから」こんな理由で書かれた記事が多いのです。だから何かにすぐ飛びつくのではなくて、自分の頭でよく考えてみてほしいのです。

どうか冷静に考えてみてください

何かの食べ物で血糖値が下がるのなら、その食品をたくさん食べて低血糖になったという事件が必ず起きているはず。

でも実際、どうですか?…病院で処方される経口血糖降下薬のように劇的に血糖値を「下げる」食品があるとは思えません。

食品の中には、インスリンと似た作用を持つとされるものもいくつかあります。しかし、よっしーはそれらの食品で血糖値が下がる効果は分かりませんでした。

だいたい、病院で処方される薬よりも効果がある食材が実在するなら、日本糖尿病学会や製薬会社が放っておくわけがありません💦

 

困った顔の若いお医者さん

 

真相は「もしかしたら人によってはほんのちょっぴり効果があるかもしれない食材はあるかもしれないけど、その効果は病院で処方される薬に比べるとはるかに薄いから過信するなよ」ってトコじゃないでしょうか。

テレビの健康番組でどこからか頼まれた食材を放送し、それを見たブロガーさんやアフィリエイターさんがこぞって記事として取り上げ、みんなすぐスーパーに買いに行って品薄になる…こんなことの繰り返しですね。

「何かが売れればいい」と考える方たちの思うツボで果たして良いんですか?私たちにとって大事なのは健康になることでは?

「あるある大事典」放送当時ならともかく、今はみなさんとてもよく勉強なさっていて、専門家以上にいろいろ知っている方はたくさんいらっしゃいますよね。

 

悪い奴ら

 

データを捏造したり、大げさに伝えたりして何とかできる時代はもう終わりつつあるんじゃないでしょうか。。

血糖値の改善のためには、まず「特定の食材を買い込む」ことよりももっとできることがたくさんあるはずです。

そのような努力が出来ないまま「神食材」に頼っても、残念ながら数値は今ひとつ良くならないのではないでしょうか?

 

にゃご
にゃご

オレたちは野生では神食材なんて食べないけど、みんな糖尿病にならないんだよね♪

よっしー
よっしー

それがどういうことなのか考えてみれば、答えが出るはずよ。

血糖値と食べ物
記事が役に立ったらシェアお願いします~!
新規投稿を見逃さないためにフォローしてね♪

PVアクセスランキング にほんブログ村
あなたの血糖値、大丈夫?~妊娠糖尿病→2型糖尿病患者の糖質制限漫画ブログ~
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.