画像パクり注意報!簡単な対処法は?

画像パクリ防止方法

今回は糖尿病とは直接関係がない話なんですが、界隈のみなさんは被害に遭う可能性が高いので記事にすることにしました。

なんと、Twitterで「他人の商品の画像を勝手に盗んで自分のものみたいに投稿する(ツイート本文もパクる)」人がいるそうなのです。

さきほど流れてきたのは、ある方がiHerb(アメリカのサプリメントの通販)で購入なさって届いた商品の画像を勝手に盗んで、その画像の上に自分のiHerb割引コードを書き加えてしれっとツイートされたものでした。

しかもそのパクリさん、確認してみるとかなり多数のツイッターアカウントを所持しているのでびっくりです!!特にiHerb利用者のみなさん、ご注意くださいませ。

 

画像パクリ防止1

 

↑↑↑私はお絵かきソフトのクリスタを使っているので簡単に画像パクり対策ができます。絵の上にレイヤーを重ねてアカウント名やブログのアドレスを書き、適度に透明にすればOKです。

 

↑↑↑PCにもともと入っている「ペイント」ソフトでは文字を半透明にすることはできませんが、一応こんなふうにすることはできます。

あんまりやり過ぎると見た目が見苦しくなってしまうのが困りものですが、どうしてもパクリを防止したい方は対策を。

また言うまでもありませんが「パクリ対策をしていない画像はパクってもいい」ということはありません!ネットにUPされたものは自由に使っていいと勘違いしている人がいますが、相手が訴えれば罪に問われますからね。くれぐれもご注意を。

 

著作物を無断で使うと? | 著作権って何? | 著作権Q&A | 公益社団法人著作権情報センター CRIC
著作権情報センター(CRIC)は、著作権...

 

にゃご
にゃご

パクリはだめだよ!

よっしー
よっしー

自分でも対策しましょう!

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.