まだ間に合う!会社の健康診断までにできる対策

会社の健康診断、受けたくないなぁ…!?

会社員の方は、職場の健康診断がイヤだなぁ…と今からユウウツでたまらない方もいらっしゃるのではありませんか?

中には「会社の健康診断っていうのは義務なのかっ!?」「会社の健康診断を拒否したらどうなるんだ?」と思う方も…

でもね、なぜ健康診断がイヤなのかというと、ヤバい結果が出るかもしれないからですよね、きっと。

もしそうであれば、ただ「健康診断イヤだなぁ…」と嘆いても仕方が無いので、健康診断当日までに少しでもできることをやっちゃいましょう♪

にゃご
健康診断で何か引っかかると、病院へ行けと言われたりするんだよね…いやだなぁ

よっしー
そうね。でも、ただイヤだなと思っていてもどうしようもないわよ。

血糖値関連が絶対ヤバそう!!

まだ糖尿病と診断されるほどではなくても、ちょっと血糖値が高めで…という方は結構多いはず。空腹時血糖値や尿糖が異常なしでも、食後高血糖が起こっているとHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー、過去2か月ぐらいの血糖値の平均を表している)は高めになります。

HbA1cは健康診断の直前になって慌てても数値を改善することは出来ませんので、なるべく早い段階で気を付ける必要があります。

スナック菓子やご飯、パン、うどん、パスタ、清涼飲料水などが好きで食べすぎている方は量を減らしましょう。そして、現在肥満の方はダイエットしましょう。もし可能であれば、食後に有酸素運動を行うとさらに良いです。

どれぐらい糖質摂取量をセーブすべきかは個人差もありますが、血糖値が心配な方は尿糖試験紙を買ってみましょう。食後1時間ぐらい経ってから尿糖を検査して、出ていればアウト!その食事では糖質摂取量が多すぎます。

いったん正式に(?)糖尿病と認定されてしまうといろいろと面倒なことになりますけど、糖尿病のごく初期段階であれば糖質制限などの対策を始めることによりほぼ治る方もいらっしゃいますので、頑張ってください。初期段階であればまだ糖尿病合併症の心配はありません。

中性脂肪が高いんだよなぁ…

血糖値は大丈夫だけど中性脂肪(トリグリセライド)だけが高い、と言う方もわりといらっしゃいます。中性脂肪の正常値は30~149で、食事により影響を受けて変動します。痩せていても中性脂肪が高値の方もいらっしゃいます。

中性脂肪が高くなる主な原因は、アルコールや糖質、果物に多く含まれる果糖の過剰摂取です。またマーガリンやショートニングなど市販のパンなどの材料の植物性油脂に多く含まれるトランス脂肪酸も良くないそう。

日本ではトランス脂肪酸が規制されていませんので、外食やお惣菜を買って食べることが多い方は特に注意が必要ですね!

中性脂肪対策としてはまずこれらの摂取を控えることです。果物はヘルシーだと思ってたっぷり食べている方もいらっしゃるので気を付けてくださいね。

よく「中性脂肪を下げるためには青魚や大豆製品を積極的に摂取すると良い」と言われますが、これらを摂取していてもアルコールや糖質の摂取量が多いとほとんど意味がありませんので、注意が必要です。

にゃご
高脂肪食を食べるから血液中の脂肪が増えるわけじゃないんだね?

よっしー
そうよ、ちゃんと糖質制限が出来ている方のほとんどは中性脂肪は正常値だもの。よっしーも50ぐらいよ。

LDLコレステロールが高くて医師に怒られる!

LDLコレステロールは昔は「悪玉コレステロール」なんて呼ばれていましたが、現在ではそのような言い方はしません。下の図は食Do!様のサイトからお借りしました。

コレステロールはとても重要なもので、全ての細胞の細胞膜に含まれています。また特に脳や神経系に多く含まれ、体内のコレステロールの約25%は脳に集中しているそうです。

また各種ホルモンの材料となったり、脂肪の消化に必要な胆汁酸の元ともなるのがコレステロールです。大事なものなので、菜食主義でほとんどコレステロールを摂取しない方でも体内で必要な量のコレステロールが合成されていますし、妊娠後期にはコレステロールがかなり高値になります。それは、必要だからです。

上の図のように、体の各組織に向けて運ばれるのがLDLコレステロール。余って回収されるのがHDLコレステロールです。

食事からのコレステロール摂取量が多いと体内でのコレステロール合成量を減らしてちゃんと量が調整されるようになっているのですが、この調整がヘタな体質の方もいらっしゃいます。

たとえば、それまで菜食をしていた方が糖質制限を初めて卵などを多く食べるようになると、LDLコレステロール値がものすごく高くなり、正常値に下がるまで数年かかることもあるそうですよ。

ただしLDLコレステロールの中にも「悪さをしないヤツ」「めちゃくちゃ悪いヤツ」がいて、通常の血液検査では両者を区別することは出来ないのです。

LDLコレステロールの値が高いからと言って必ずしも良くないことが起こるわけではなく、糖質の摂りすぎで食後高血糖が起こった時に血管内皮がキズついた時にコレステロールがそこにもぐりこんで動脈硬化を進行させていくんだそう。

だからLDLコレステロール値だけが高くても、きちんと糖質制限が出来ていて中性脂肪とHDLコレステロールが正常値であれば実質何も問題ないケースが多いそうですが、医師からいろいろ言われちゃうと面倒ですよね。

よっしーの夫はナイアシン(ビタミンB3)を1日1500mg服用してLDLコレステロール値がかなり下がりましたので、気になる方は参考になさってくださいね。

明らかにメタボ体型…

いま、40歳以上の方については「メタボ健診」が行われていますよね。会社の健康診断の中で特定健診が行われるのですが、男性は腹囲85cm以上・女性は腹囲90cm以上だと要チェック。

そして血糖値や中性脂肪、コレステロール、血圧などに複数の異常があった場合、メタボリックシンドロームということになってしまいます。

よっしーは糖尿病と診断される前の年、ジムのインボディという機械で内臓脂肪量は正常範囲内でしたし、痩せていても血糖値やコレステロールが高い方はたくさんいらっしゃいます。

でもやっぱり、メタボ体型だと糖尿病をはじめとした病気のリスクが高くなるんですよね。該当する方は早めに解消しておかなければ。

女性はダイエットが気になる方が多いでしょうが、健康上問題となるのは皮下脂肪ではなく内臓脂肪です。内臓脂肪型肥満は、手足はわりと細くてもウエストが太くなるのが特徴です。

内臓脂肪が増える原因は、摂取したエネルギーが使いきれずに余ってしまうことです。またホルモンの関係で男性は女性よりも内臓脂肪が増えやすいです。

極端な運動不足だったり、大量の糖質と脂質を一緒に摂取するような食事が最も良くないとされています。気を付けましょう。

まとめ:直前になって慌てるより日頃からの心がけが大事です♪

会社の健康診断直前になるとどうしても焦ってしまいますが、直前になって慌ててもHbA1cやLDLコレステロール値はほぼどうすることもできません。

また、慌てて断食などを行うと、尿酸値が異常に高い値になることもあります(経験あり…)。やはり、日頃から気を付けなければいけません。

にゃご
やっぱり、いつも気を付けていかないといけないんだよね~

よっしー
そうそう、健康診断だけ何とかパスしても仕方ないわ。これをきっかけに健康的な生活を心がけたいわね♪

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.