カルピンチョ先生の「ぼくのおうちのはなし」


にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


医師カルピンチョ先生

自ら糖質制限ダイエットをなさっておられる医師・カルピンチョ先生をご存知でしょうか?

本名・吉田尚弘先生としてヘルスプレスで記事を書いてくださっています。非常に分かりやすいです。

ちなみに「カルピンチョ」とは、カピバラのことなんですよ。

 

 

そんなカルピンチョ先生のブログに、真面目に糖尿病の治療に励んでいる患者さんたちの悲劇を描いた悲しい物語「ぼくのおうちのはなし」を見つけました。

以下は先生のブログ記事からの引用です。

 

昔、ぼくのおうちは暖かくて楽しかったんだよ。

お父さんは働き者でかっこよかった。

お母さんはいい匂いがして綺麗で素敵だったんだよ。。。

 

ひたすら悲しい…

こんな暖かい語り口で始まる物語ですが
読み終わった時、涙が出ました。

物語の展開についてはリンク先でじっくり読んでいただくとして、なぜ、医師の言うとおりにきちんと頑張っていた患者さんたちが、悲惨な目に遭わなければいけないのでしょう?

現在の日本では、毎年3000人が糖尿病網膜症で失明し、3000人が足を切断し、16000人が糖尿病腎症が原因で新たに人工透析を開始しています

これらの方々が、すべて糖尿病の治療をまじめに行っていなかったとは思えません…

そして、糖尿病の治療を行っていた方が失明しようと死亡しようと、いちいちそのことが報道されることもありません。芸能人でない限り…

 

 

これだけ多くの方が合併症が悪化してしまう現実。

いま一般的に行われている治療方法では、糖尿病と合併症の悪化を止めることができないということの証拠だとは思いませんか?

日本の医療は「進んでいる」はずだと思われていますが、なぜ現状はこうなのか…

「ぼくのおうちのはなし」は長いですが、小学生でも十分に理解できる内容です。

どうかじっくり読んで、どうしたらいいのか考えてみてください。このまま、真面目にお医者様の言うことを聞いていて、それでいいのかどうか…