ダイエットと血糖コントロールは別物ですね

痩せるだけなら方法はたくさんある


この頃、糖質制限ダイエットが大流行してきたせいでしょうか?

「ダイエットも結構だけど、極端な制限は体に良くない」
「糖質制限をしなくても痩せられますよ」

なーんてことをおっしゃる方も、多いですね。
ジムとか、何かのサプリメントの宣伝だったりもしますが…

確かに、ダイエット(痩せること)と血糖コントロールは別物だと思います。
肥満が原因で糖尿病になった方は、とにかくどんな方法でもいいので痩せるだけで改善するでしょうが…

ある2型糖尿病の女性の方は無料で栄養計算ができるサイトを利用してカロリー制限を頑張って体重が減ったのに、HbA1cは逆にやや悪化してしまったそうです。

ダイエットと血糖コントロールは別物


アメリカの2型糖尿病患者グレッチェン・ベッカー女史の著書「糖尿病・最初の1年」には、次のような記述が登場します。引用させていただきます。

「減量は確かにインスリン抵抗性を減らします。しかし血糖コントロールが減量よりももっと重要であることを決して忘れてはいけません。体重は減らしたが血糖値を1日中300mg/dLに据え置いたダイエットを発見したとすれば、それは良いダイエットとはいえないでしょう」

要するに「糖質を食べても痩せることはできるけど、血糖値が上がるからそれって糖尿病患者にはどうなの?」というわけですよね。
どうせ痩せなきゃいけないのなら、血糖値を爆上げしない方法で痩せるほうがいいですよね。

糖質を食べながらでも痩せることは可能だと思います。
実際、よっしーも昔、おにぎりを食べながら運動して痩せたことがありました。
でも、糖尿病発症は防げなかったとこういうわけです。

両方取りたい!


ただ痩せればいいや、という人もいれば、血糖コントロールをきっちり行わないといけない人もいます。
前者が「ご飯を食べても痩せられますよ?」と後者の方たちに向かって言ってみたところで、話がかみ合わないのも仕方がないかもしれませんね…

糖尿病は、自分が発症してみないと絶対にその気持ちは分からないですからね。

ダイエットと血糖コントロールは、別物です。
よっしーは、どっちも取れる方法を選びたいと思います。

 




にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス