中学生や高校生も血糖値に注意!

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


子供も糖尿病になる

日本人の糖尿病のうち95%は、2型糖尿病です。
2型糖尿病は生活習慣病と言われるので、中高年の病気だと思われているかもしれません。

しかし近年、子どもの2型糖尿病も増えてきているんですよ。
もちろん大人と比べればかなり少ないとはいえ、これは問題ですよね。

小学校低学年であれば2型糖尿病よりも1型糖尿病の子供のほうが多いですが、高学年になると半々ぐらいになり、中学生以上では2型糖尿病の子供のほうが多くなるんですって。

 

 

2014年の香川県の調査では、小学4年生の児童のうち、高血糖状態が続いていることを示す「HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)」が高かった子は、男子12%、女子10・9%だったそうです。

わずか10歳の子供ですらこうなら、中学生や高校生はもっと…多いんじゃないでしょうか?

これは香川県だけの問題ではなくて、きちんと調べれば他の都道府県でも大差ないと思いますよ。

運動のせいにしている解説もありましたが、香川県の子供だけが特別運動不足だとは思いません。

 

思春期にはインスリン抵抗性が生じる

思春期は、成長ホルモン分泌量が増加するのでインスリン抵抗性が生じるのだそうです。成長ホルモンは、インスリン拮抗ホルモンですからね…

もともと糖尿病で治療しているお子さんも、思春期は血糖コントロールが悪化しやすいのだそうですよ。

多くの子供はインスリンを多く分泌することで対応できますが、もともと糖尿病になりやすい体質を親から受け継いだ子供の場合、この時期によろしくない食生活や肥満があると、糖尿病になってしまうこともあるんですよね。

 

 

大人が気を付けてあげなければいけませんよね。

糖尿病は、発症してからの経過が長くなるほど合併症のリスクも増えてしまいます。

もちろん、血糖コントロールをずっと良好に保つことができれば、その危険性はぐっと減るのですが、なかなか大変なことです。

 

子供を糖質まみれにしないのは大人の責任

 

九州の塾講師・三島学先生は、子供たちに糖質制限食を勧めていらっしゃるそうです。

勉強に集中できなかった子供や発達障害の傾向のある子供たちが、食事で変わるとは驚きです。

学校給食のこともあり、実際にはなかなか「糖質制限」とまではいきませんが、子供たちが糖質まみれにならないように気を付けてあげることは、とても大事ですよね。

以前、よっしーの知り合いが「息子がちっとも勉強しないので夫が息子を怒鳴る」とこぼしていました。

 

うちの子に訊くと、その男の子の家ではいつでも好きなだけお菓子やアイスクリームが食べられるのだとか。

それで小学生なのに体重70kgぐらいあるみたいで、健康面が心配ですよね。
やはり、大人の責任は大きいです。

子供は、自分の食生活を自分で何とかできませんから…

他にも、お母さんが朝いつも寝ていて朝食を作ってくれないので、自分で食パン2枚だけ食べて登校するというお友達もいました。

いろいろ事情もあるんでしょうけど、もうちょっと何とかしてあげられないものでしょうか…

 

本当の愛情で子供を守りましょう

糖尿病は、中高年だけの問題ではありません。

もっと若いころから、糖尿病になってしまう「悪い習慣」のせいで、じわじわと危険が迫っているのです。

 

 

体に悪いことをしても、ただちに影響は出ません。
数年から数十年を経て「しまった…」と思ったときにはすでに手遅れかも知れないのです。

可愛い子供たちのために、気を付けてあげたいですよね。