昔からあった糖尿病

2型糖尿病患者は昔からいた


日本人の糖尿病の95%は2型糖尿病です。
2型糖尿病は、近年の食生活の変化に伴って発生した病気だと思われがちですが…

じつは昔から、日本人の間でもみられていたんですよ。

もっとも、江戸時代ぐらいまでは平均寿命が40~45歳前後だったので、糖尿病が発覚するよりも前に亡くなっていた人は相当たくさんいたと思われますけど。

 

 

平安貴族の藤原道長が糖尿病だったことは有名です。
やたらとのどが渇いて水をたくさん飲み、視力がかなり衰えたという記録が残っています。

さらに道長の兄も叔父も甥も糖尿病だったということ。
これは遺伝性の強い2型糖尿病でしょうね。

織田信長もまた糖尿病で、合併症の神経障害に悩まされていたようです。

スイーツが大好きだった夏目漱石は、糖尿病になり、今でいう糖質制限のような食事療法をしていましたが、途中でやめてしまったようです。

 

食生活の欧米化が悪いの?


「食生活の欧米化が悪い」などと言われますが、食生活が欧米化するよりもずっと前から日本にも糖尿病患者はいたんです。

そして欧米でも、糖尿病患者は増え続けています。
元から高脂肪食だったことに変わりはないでしょうに。

食生活が欧米化したことで日本人の平均寿命は飛躍的に伸びましたが、長生きするようになったので糖尿病や認知症、ガンになる人も増えたということでしょう。

 

 

いずれも、40歳未満の若い人はあまりかからない病気ですから…
ちなみに江戸時代の医学書には、糖尿病やガンについての記述があります。

歴史的な事実として、昔の日本人の平均寿命は短かったです。
それは必ずしも食事のせいとは言えません。
しかし、昔の日本型の食生活が健康に良いと証明することはできません

根拠のない「昔はよかった」という言葉を信じるかどうかは、あなたの自由です。




にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス