病院へ行かない糖尿病患者たち

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


糖尿病をほったらかしてると大変なことになるよ…

日本の糖尿病患者のうち、病院で治療を受けている人は76.6%だそうです。4人中3人ということになりますね。ただしこれは全体の話で、40代の男性に限って言えば治療を受けている人は51.5%しかいないそうです!

また、いったん病院に通っても、1年後には何らかの理由で通院をやめてしまう人が1割だそうです…通院をやめてしまう理由としては「仕事(学業)のため、忙しい」(24.6%)、「医療費が経済的に負担」(15.8%)、「体調が良い」(10.5%)、「今通院しなくても大丈夫だと思う」(7.0%)だそう。

「忙しい」←いや、そんなこと言ってる場合じゃないでしょう!下手すりゃ大変なことになるよ!?

「医療費が経済的に負担」←確かにインスリンや新薬を何種類も使っていると医療費はものすごく高いですが…

「体調が良い」←血糖値が300ぐらいにならないと自覚症状は出ませんよ?

「いま通院しなくても大丈夫だと思う」←そんなこと言ってると、よっしーみたいになっちゃうよ!

 

 

この他にも「頑張りすぎて精神的に疲れた」という理由もあるみたいですね。

よっしーの主治医が「あまり頑張りすぎないでね、以前、頑張りすぎて途中から病院に来なくなっちゃった人がいたから」とおっしゃってました。せつないです。

 

真面目に通院すれば改善するというわけでもないけど

糖尿病の治療をしないで好きなものを好きなだけ食べていると病気が悪化するのは当然ですが、では真面目に通院して治療していれば良くなるのか?というと、そうでもないんですよね、残念ながら…

 

 

よっしーの知るだけでも「医師の指示通りにしていたのに人工透析になった」「管理栄養士に言われた通りの食事をしているのにちっとも良くならない」という方はたくさんいらっしゃいます。

糖尿病専門医の中にも、自らが糖尿病で網膜症になった方もいらっしゃるそうです。現在行われている治療が必ずしも効果があるとは限らないのは確かなようですね。

 

定期的に検査を受けることは大事

中には、よっしーみたいに糖質制限食で血糖コントロールをしている方もいらっしゃるかもしれません。

下手に病院に行けば、「主食をちゃんと食べてインスリン注射をしましょうね」と言われてしまうかもしれないから行きたくないという方もいらっしゃるでしょう。

 

 

でも、HbA1cが10を超えたことがあるような方は特に、現在どれだけ調子が良くても定期的に尿検査と血液検査ぐらいは受けておいたほうがいいと思いますね。糖質制限に理解のある医師を見つけられるといいのですが。

糖尿病合併症は、自覚症状が出るよりも前から少しづつ進行していますもの。

 

エイッと思い切って病院へ行きましょう

そうは言っても、病院へ行くのはなかなか気が重いという方はきっと多いでしょうね。よっしーの周囲にも、血糖値が高いけど何もしていない、普通に甘いものを食べている方は何人もいます…

特に40代の男性の受診率が低いということですが、病院に美人の女医さんでもいれば少しは行きたくなるでしょうか!?

 

 

…ま、よっしーも血糖値がうんと高くなって体調が悪化するまで病院へ行こうとしなかったヘタレなんですけどね(´・ω・`)

私のような失敗はして欲しくないですね。

 

一病息災、糖尿病だからといって恐れることはない!

糖尿病は、早い段階で見つけて「正しく」コントロールしていれば、糖尿病そのもので死んだりすることはほぼないのです♪

 

 

ただ「いま現在なーんにも症状がないから」と思ってナメてかかると、気が付いたときには大変なことになってしまう可能性はあるんです。糖尿ナメるな、ホントこれですよ。

というわけで(?)これからも毎日、糖尿病についてのあれこれをお話していきますので、今後もよろしくお願いいたしますっ☆