糖尿病を完治させたいと思っているみなさんへ

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


何とかして完治させたい…

糖尿病と診断されたら、誰もが「治りたい」「完治させたい」と考えることでしょう。よっしーだってそれは同じでした。

ただし残念ながら、現代の医学では一部の例外を除いて「糖尿病完治」はありません。仮に糖尿病を完治させることができれば、ノーベル賞が貰えるでしょう。

医師として多数の患者さんを診察しておられる水野雅登先生の記事をお読みください。冷静になってみれば分かりそうなものですが、人間、ワラにもすがりたい気持ちになっているときはなかなか真実が見えないものです。

現在、日本で糖尿病の標準治療(カロリー制限高糖質食、運動、インスリン、薬)を受けている2型糖尿病患者の平均Hba1Cは7もあるのが現実です。残念ですが…

 

改善する可能性はあるかも

毎年会社の健康診断を受けている方は、糖尿病を発症してすぐに治療を開始することができるので重症にならなくて済むと思います。

ただし、よっしーは何年も検査を受けていなくて、知らない間に重症になってしまっていました。このような場合、かなりのベータ細胞が死んでしまっていたものと思われます。

 

 

糖質制限を開始してすみやかに血糖値が下がっても、最初の頃は夕食に肉を食べすぎただけで翌朝の血糖値がびっくりするほど上がったりしました。

でも最近では、夕食に外食して食べ過ぎてもそれほど翌朝の血糖値が上がることはなくなりましたし、食後血糖値も最初は2時間後がピークだったのが今では1時間後がピークで、健常者のパターンに近くなっています。

治ってはいませんが、いくらか改善してきているとは言えそうです。無理をさせすぎていたのを、マイペースで仕事させているようなものですからね。

 

インスリン分泌能力を温存できるかもしれない

アメリカの1型糖尿病患者であり医師であるバーンスタイン先生は、子供の頃に糖尿病を発症して、標準治療を行いましたがどんどん悪化してとうとうインスリン自己分泌がゼロになってしまいました。

でも先生は「最初から糖質制限を行っていれば、インスリンの自己分泌は残っていたかもしれない」とおっしゃっています。もっとも、急速に短期間でベータ細胞が死滅してしまうタイプの1型糖尿病もあるので、必ずしもそうなるというわけではありませんが…

 

 

先生は糖尿病患者を多数診察していらっしゃるので、実際に糖質制限で自己分泌が残る患者さんたちの例も見てきていらっしゃるのでしょうね。

先生ご自身、83歳の現在もお元気で医師として活動なさっていますよ。発病から70年以上経過しているのに。

 

 

未来に希望があります

いま現在の医学では「妊娠糖尿病」「遺伝の要素を持たないただの太りすぎの患者が暴飲暴食で糖尿病発症しただけ」「何らかの原因による2次的な糖尿病」以外は「完治」することはないとされています。

妊娠糖尿病の場合、産後いったん完治しても、後々2型糖尿病になる確率はそうでない女性の7倍です。

 

 

完治することは無理でも、ベータ細胞に無理をさせないような食事でインスリン分泌能力を温存していれば、これ以上悪化することはないでしょう。

現状をキープしているうちに、糖尿病を完治させることができる治療法が見つかると思います。

それまでみなさん、元気でいましょうね♪