高血糖と「神経」

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


様々な神経障害がもたらされる

糖尿病神経障害は、糖尿病性網膜症、糖尿病腎症とともに、糖尿病の三大合併症のひとつです。

その症状は、手足のしびれや痛み、感覚が鈍くなる、下痢や便秘を繰り返す、味覚が鈍くなる、発汗異常、立ちくらみ、尿が勢いよく出ない、EDなど。
全身にいろいろな症状となって現れてきます。

また、神経障害は他の糖尿病合併症と比較すると、早い段階から出てきやすいとされています。


(図はメディカルノート様から引用)

 

神経障害が進むと、たとえば足の裏に画びょうが刺さっていても気が付かないことがあるそうです。

熱さを感じなくなってしまうと、カイロなどを使用していて低温やけどの危険性もあります。

 

とても恐ろしい神経障害

高血糖の状態が続くと、神経細胞の中にソルビトールという物質が蓄積されて、また神経細胞が必要としている栄養や酸素を運ぶ細かい血管の血流が悪くなることにより、だんだん神経が障害されていきます。

神経障害があると、普通は低血糖の時には冷や汗・動悸などの自覚症状が出るものですが、これらの自覚症状が出ず体が低血糖に対して血糖値を上げるホルモンを出せないのでそのまま死亡する場合があります。

現在、日本では年間に2万本の足が糖尿病神経障害により切断されているそうです。何とも恐ろしいことです…

 

 

 

手遅れにならない段階なら治る

ある程度進行してしまうと神経が死滅してしまっているため、残念ながらもう治すことは難しいです。

しかし初期の段階であれば、血糖コントロールをきちんとすることによって回復可能なのが糖尿病神経障害です。

 

 

症状が軽い場合は食事療法で改善できることもありますが、それだけでは不完全な場合は治療のための薬があります。

いずれにしても、手遅れにならないように少しでも早く対策を始めなければいけません。