1型と2型、それぞれの思い。

1型糖尿病と2型糖尿病


よっしーはいわゆる「生活習慣病」と世間で言われている2型糖尿病です。

初めて糖尿病と診断されたときは「1型糖尿病の可能性もある」と言われていましたが、どうやら2型らしい、ということで現在に至ります。

 

1型糖尿病は何らかの原因ですい臓のベータ細胞が破壊されることで発症するので、誰でもかかる可能性があります。

2型糖尿病は、生まれつき糖尿病になりやすい体質を持つ人に環境要因が加わって発症します。

日本人の糖尿病患者の95%が2型糖尿病とされています。

 

それぞれの気持ち…


1型糖尿病も2型糖尿病も同じ糖尿病でありながら、それぞれに思いがあるようです。

1型の方は「僕は2型の人たちと違って太ってないのに発症したんだから、一緒にしないでほしい」とか「1型糖尿病のほうが血糖コントロールが難しい」と思うでしょう。

2型糖尿病は「2型は自業自得みたいに言われるのが悔しい。私はそんなに食べすぎたことはないのに」とか「2型でインスリンを打っていないから血糖測定にかかる費用は自腹でキツイ」と思うでしょう。

以前、NHKの健康番組でも医師が「1型の方は2型と違ってインスリンさえ打てばなんでも食べられるので…」などと「2型とは違って」を連呼するのでなんとなくイヤな気持ちになりました。

 

 

1型糖尿病と2型糖尿病は確かに発症原因は違いますが、同じ糖尿病です。

よっしーの主治医も、まだ私が1型か2型かはっきりしていなかった時「1型だろうと2型だろうと、対処方法は基本的に同じだからね」とおっしゃっていました。

1型糖尿病でもインスリン自己分泌が残っていて何年もインスリン注射なしで糖質制限でコントロール良好な方もいらっしゃいますし、2型でも1日4回インスリン注射をしている方もいらっしゃいます。

病気になって一生懸命頑張っている以上、1型と2型を区別することにどれほどの意味があるのかな??と思います。

他人と比べないで行こう


 

 

同じ糖尿病でも、病気の程度はみんな違います。

軽度2型の方の中には暴飲暴食をやめるだけでほぼ治ったと同じぐらい改善しちゃう人もいるので、正直羨ましいとは思います。

でも、自分は自分なので…
これからも、粛々と血糖コントロールを続けて行きたいと思います。

 




にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス