高血糖と「目」

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


恐ろしい糖尿病合併症のひとつ

糖尿病とは、血糖値を下げるインスリンと言うホルモンが分泌されにくいか、分泌されていてもうまく働かないので慢性的に血糖値が高くなる病気です。

では、血糖値が高い状態が続くと、私たちの目にはどんな影響があるでしょうか?

 


(表はメディマグ様より引用)

 

上の表を見てください。目の奥の網膜と言う部分の図です。
糖尿病を発症してから血糖コントロールがうまくいかない状態が長く続くと、次第に「糖尿病性網膜症」が出現して進行していきます。

網膜は、目をカメラに例えるとフィルムのような役割をしている部分です。

ここが高血糖により障害されてしまうと、かすみ、飛蚊症、ゆがんで見えるなどの症状が現れることがあり、ひどくなると網膜剥離を起こしたり失明してしまいます。

現在の日本でも、年間当たり3000人が糖尿病により新たに失明しています

 

他にも高血糖と関係がある目の病気は多い

高血糖が引き起こす目の病気は、糖尿病性網膜症だけではありません。

白内障、緑内障は糖尿病ではない人も年齢が進むにつれてかかりやすい目の病気ですが、高血糖だと比較的若いうちからかかりやすくなるのです。

特に緑内障は、糖尿病性網膜症と並んで、後天的に失明する主な原因となっています。

 

 

 

どうしたらこれらを防げるのか?

恐ろしいことばかり書いてしまいましたが、ではどうしたらいいのでしょうか?

高血糖が目の網膜の血管を詰まらせたり傷めてしまうことが原因なので、そうならないようにすればいいのです。

血糖コントロールを良好にし、食後に急激に血糖値が跳ね上がらないような食事をとりましょう。また、低血糖が頻繁に起こることも眼底出血を起こりやすくするそうです。

インスリン注射や経口血糖降下薬を服用している方は、くれぐれも気を付けてください。

また、糖尿病性網膜症が進行している場合は、運動はとても危険です。
主治医の許可が出るまでは、特に筋力トレーニングなどの激しい運動は絶対にやめましょう。

その場合は、日常生活で重いものを持ったりするのもいけないそうです。

 

 

すでに糖尿病の合併症になってしまっている場合でも、あまりにも進行した状態でなければ、徹底した血糖コントロールにより治ることもあるそうですよ。

アメリカ人の医師バーンスタイン先生は、12歳の時に1型糖尿病を発病して30代で目や腎臓に合併症が出ていましたが、糖質制限ダイエットやインスリンの頻回注射、運動などを組み合わせて厳格なコントロールを行い、80代の現在では合併症が治って元気にしていらっしゃいます。

 

見える喜びをいつまでも

目が見えるということは、とてもありがたいことです。
現代人は何かと目を酷使してしまいがちです(よっしーもですが…)

 

 

しかし、現代の医学では、まだまだ目の病気を完全に治せるわけではありません。

高血糖は、努力によってある程度コントロールできるものです。

だからこそ、大事な視力を高血糖によって失うことが無いようにしなければいけませんね。

血糖値とファンタグレープの砂糖水としての濃さを比較してみた

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


血糖値は薄い砂糖水?

血糖値は英語で blood glucose level または blood sugar level と表記するそうです。

まさに血液中にブドウ糖が溶けている様子を想像してしまいますが、実際、血糖ってジュースなどと比べるとどれぐらいの濃さの砂糖水なのでしょうか?

健康な人の空腹時血糖値が、年齢などにもよりますがだいたい85ぐらいです。
血糖値の単位は、日本ではmg/dlです。

血糖値85mg/dlだと、血液1デシリットル=100mlあたり85mg=0.085gの糖が溶けているということです。

一方、子供たちが大好きなファンタグレープは100mlあたり11.5gの炭水化物を含みます。ファンタグレープの主な材料は果糖ぶどう糖液糖、ぶどう果汁、ぶどうエキスですから、食物繊維はほとんど含まれておらず、ほぼすべてが糖質と考えていいでしょう。

ファンタグレープの砂糖水の濃さは、健康な人の平常時血糖の濃さの135倍なのです。
ファンタだけでなく、他の多くの清涼飲料水は同じようなものです。

 

体じゅうの血液を流れる血糖の量

ヒトの成人の血液は、全部で4~5リットル。
血糖値が85なら、体中の血糖を全部かき集めてみても、たったの3.4~4.3gです。

小さじ1杯分よりも、もっと少ない量ですよね。

仮に食後に血糖値が3倍になっても、その量は大さじ1杯分にもなりません。
その程度の量でも、体は「大変だ!!」と慌ててインスリンを分泌して血糖をそそくさと処理してしまいます(処理能力を上回ると糖尿病)

脳は1時間当たり4gの糖を消費し、赤血球は2gの糖を消費します。
この程度の量、わざわざ糖質の多い食物を経口摂取しなくても、肝臓の糖新生によって軽く賄えます。

糖尿病の方を含め、ほとんどの方は糖質制限をしても低血糖にならないですよね。

 

糖質をそんなにたくさん人体に入れる必要があるのか

血液の中を流れている糖は、ジュースとは比べ物にならないほど「ごく薄い砂糖水」

そんなに薄い砂糖水が、ほんの少し濃くなっただけで、あちこちの微小な血管が詰まり、大変な事態を引き起こします

そんなデリケートな人体に、血糖よりもずっと濃い砂糖水や砂糖の塊を毎日何度も送り込んでいると、どうなるか…

 

 

清涼飲料水ばっかり悪者と思われがちですが、ファンタグレープ500mlとご飯茶わん1杯に含まれる糖質量は、ほぼ同じなんですよ。

あとは、皆さんが自分で考えてみてください。

血糖値とHbA1c

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


HbA1cは過去の血糖状態を反映している

健康診断などでHbA1cを測定したことがありますか?

これは「ヘモグロビンエーワンシー」と言い、過去1~2か月の間に血糖値が高い状態が続いていた場合はこの値が高くなります。

 


↑自宅で採血してHbA1cを検査するキットもあります。

 

高血糖になると、血液中の余分なブドウ糖はヘモグロビンと結合してHbA1cとなります。

ヘモグロビンは赤血球の中にたくさんあるタンパクで、体の隅々まで酸素を届ける重要な働きを持っています。

検査の前日に絶食したら血糖値は一時的に下がるかもしれませんが、HbA1cはすぐには変化しません…

HbA1cが6.5%以上だと糖尿病と言われますが、実はHbA1cが5.6%を超えている場合は糖尿病に片足を突っ込んでいるかもしれないので気を付けたほうがいいのです。

 

HbA1cはあくまでも平均値にすぎません

HbA1cは過去1~2か月の血糖値の平均がどのぐらいであったかを反映しますが、1日の中で血糖値がどのように変動したのかまでは分かりません。

たとえば空腹時血糖値が100で食後血糖値が140の人と、空腹時血糖値が75で食後血糖値が165の人は見かけ上、HbA1cは同じ値になるかもしれません。

でも、HbA1cが同じなら、血糖値が高い時と低い時の「差」が大きい人ほど、血管内皮に障害が起こりやすいことが分かっています。

食後だけ血糖値が跳ね上がる、いわゆる「血糖値スパイク」が動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中、がん、アルツハイマー型認知症のリスクを高めるのですから、糖尿病だけの問題ではありませんよね。

 

健康に暮らすために

すでに糖尿病と診断されている人は、糖尿病合併症を防ぐためにHbA1cを医師に指示された数値でキープするように努力しましょう。

食後に血糖値が上がりすぎないためには、食事の糖質のコントロールと、できれば食後に軽い運動を取り入れることが大事です。

糖尿病ではない方も、HbA1cの値に気をつけましょう。
もし「あれ?僕は糖尿病と言われたことがないけど、そのわりにHbA1cが高めだな」と感じたら、食後に血糖値スパイクが起こっているかもしれません。

また、慢性的に糖質を摂りすぎていたり、ストレスが続いて自律神経が乱れると機能性低血糖症になることがあります。

 

 

機能性低血糖は、食後に血糖値が急上昇した後今度は思い切り下がって下がりすぎたりします。

血糖値が乱高下しますので、HbA1cは正常値に見えることも多いですが、うつなどの精神症状を伴うこともあり、治療を受けたほうがいいです。

あなたの周囲には、甘い物を切らすとイライラして周囲に当たり散らしたり、ふさぎこんだりする人はいませんか…?それ、もしかしたら血糖値の乱高下が原因かもしれません。

血糖値と比べると印象が薄い(?)Hba1cですが、これからはどうか、この値に注目してみてくださいね。