【注意喚起】糖尿病が治るという怪しげな業者に騙されちゃダメだよ!

糖尿病が治るという怪しげなDMが来るそうです

Twitterのフォロワーさんから「変な業者(?)が糖尿病が治るという嘘くさいDMを送ってきたので怖い」という話を聞きました。

糖尿病だけにDMかよwwwなんて冗談はさておき、このテのインチキ商売をする業者さんは後を絶ちませんね。

中には手の込んだことをするヤツもいて、他人のブログのコメント欄に「これがお勧めですよ」と自分のサイトに誘導するコメントを書きこんだり、複数サイトを駆使して同様のことを行っています。

数万円払うと糖尿病が治るすごい情報が手に入る!なーんて。ダイエットやお子さんの病気など、人の弱みに付け込んだ怪しげな商売が横行しています!

実はある方法を使えば同じヒトかどうかはほぼ分かってしまうのですが、まぁあえてここでは触れないことにします。楽しみがなくなるので♪

ちょっと冷静に考えてみてください。本当にそんなことができるのであれば今頃医学界は大騒ぎですよ。ネットならサクラでも自演でもなんでもアリですけど、リアルではそんなことできないですね。

ひょっとしたらノーベル賞ぐらい貰えちゃうかもしれないのに、なぜ堂々と名乗ってそれを発表しないのでしょうか?人類のためになるのに。なぜネットの中だけでやっているの?

ちなみにアメリカのバーンスタイン先生は最初、医学論文を書いても相手にされなかったので40代で医学部に入って医師になられたそうですが…ひたすら尊敬です。

病院のベテラン糖尿病専門医の先生に「糖尿病は完治しますか?」と訊いたら「妊娠糖尿病とソフトドリンクケトーシス以外は無理だね」とおっしゃっていました。まぁそうでしょうな。

にゃご
アハハ…こういう人ってなぜかネットの中だけなんだよな、匿名で。

よっしー
そんなにすごいのなら本を出すとか、世の中のためになることをしたらいいのにね。

人は悩んでいるとついそういうものに飛びついてしまう

糖尿病に限りませんが、何かとても悩んでいる時ってワラをもすがる気持ちでインチキ商品に飛びついてしまいがちですよね。

冷静に判断すれば「そんなものがあるわけがない」と思うのですが…心が冷静さを失っていると「もしかしたら本当かもしれない」と思ってしまいます。

ひと昔前に雑誌によく広告が載っていた「身に着けるだけで宝くじで1等が当たったすごいアクセサリー」とか、あなたは心から信じますか?

実際に1等が当たったという方が顔写真付きで体験談を掲載していますが、それって会社の社員さんかもしれませんよね?なんたって確かめる方法がありませんからwww

それと同じで「当社の〇〇を飲むだけで糖尿病が治りました!」という見出しと共に多数の「体験談」がホームページに掲載されていたとしても、それが本当かどうかあなたはどうやって確かめるのですか?

もし本当に主治医が認めた症例があるなら、医師は症例報告をしているはずです。でも残念ながら…まぁそういうことです。

今時、糖質制限のことを知らない糖尿病専門医はいません。知った上で賛否両論が起こっているのが今の状態です。しかし怪しげな商品は、そもそも医師達がその存在すら知らないんです。

それと怪しげな業者さんのサイトは、アクセス数が分からないようにしているはずです。なぜなら本当はあまりアクセスが多くないことがバレちゃうと困るからです💦

自分は大丈夫だと思う人ほど騙される!

よっしーは玄米食と運動をしていて糖尿病になりましたので、主治医の許可を得て糖質制限と軽い運動を続けています。

糖尿病を発症してから何年も気付かずにほったらかしたこの状態では、どんな治療法を選択しても絶対に「治る」ことはありません。したがって怪しげな商品に手を出すこともないです。

しかし中には「ひょっとしたら治るんじゃないか」と期待してしまう方もいるでしょうね。血糖値が「改善」することと「完治する」ことはまったく意味が異なりますよ。

「この〇〇を飲むだけで糖尿病が治ります」と書いてあったら、それは薬事法に違反しているんじゃないかしらね…

対策としては、SNSでそういうインチキDMを送ってくる業者は通報&ブロックしましょう。あなたのブログのコメント欄にそういう宣伝コメントを書き込む業者は、まずIPをメモメモ。

そしてブログサービスによりますが、同一人物からの書き込みをシャットアウトするといいですね。インチキコメントをそのままにしておくことは、せっかくあなたのブログに来てくれた読者様に迷惑をかけることになります。

インチキ業者さんが他に運営しているサイトがずらりと出てくる方法もあるんですが、解説が長くなるのでここでは割愛しますw 以前たまたまちょっとやってみたら、うわぁぁぁ!とドン引き。

結論は「病院の先生方でも絶対に不可能なことをそう簡単にできるわけがない」ということです。ネットの世界だけなら何とでも言えちゃうのが悲しいところですが、みなさんはどうか騙されないようにね♪

そして糖尿病がラクして「完治する」ことはないにしても、治った状態に近い状態(寛解)まで持っていける方もいます。いろいろと努力してみましょう、正攻法で!

にゃご
うまい話にすぐ飛びついちゃう人は冷静になってくれよな!

よっしー
それこそ主治医に訊いてみればいいのよ、その方法で治った人をどれぐらい知っていますか?ってね。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.