日本では年間2万人が重症低血糖で救急搬送されているという危ない現実

糖尿病患者の多くが低血糖経験者!?

日本糖尿病学会の調査で、糖尿病患者の「重症低血糖」による年間の救急搬送数が約2万件にのぼることが分かったそうです。

これはあくまでも「救急搬送」された人数だけです。自分でブドウ糖を飲むなどして対処できる程度の低血糖は数に含まれていませんから、糖尿病患者で低血糖を起こしたことのある人は相当な人数だと思われます💦

よっしーも糖尿病性ケトアシドーシスで入院して退院する前、ランタスを注射するので「アピドラと比べると低血糖にはなりにくいとは思うけど、必ずブドウ糖を用意してね」と主治医から言われました。

 

 

用意したブドウ糖は、4年近く経った現在でも1度も使われることのないままリビングの片隅にひっそりとたたずんでいます。

さっきちょっと調べたらブドウ糖の使用期限は常温で「3年」とあったので、買い替えなきゃ…まぁ現在の食生活を続けている限り、めったに使うことはなさそうですけど念のため。

糖尿病と言えば「低血糖」は付き物のように思われることもありますけど、低血糖はとても危険なことなんです。

 

にゃご
にゃご

低血糖というのは血糖値が低くなりすぎることだよな?

よっしー
よっしー

そうよ、救急搬送されるなんてかなり大変なことよね!

低血糖はとても危険です!

重症の低血糖は、けいれんや意識消失などを引き起こします。眼底出血、認知症、心臓病、脳梗塞の発症リスクを高め、運悪くそのまま亡くなることもあるぐらい危険な状態です。

高齢者は、冷や汗やふるえなどの低血糖症状が出にくく、本人も気付かないまま重症化することがあるそうなのでさらに注意が必要ですね。ではそもそも、なぜ低血糖になるのでしょう?

健康な人の場合、血糖値の状態に応じてすい臓が絶妙な量とタイミングでインスリンを分泌してくれます。このため、血糖値が高くなりすぎることも低くなりすぎることもめったにありません。

しかし糖尿病で食事療法だけで血糖値をコントロールできない場合、薬やインスリン注射で血糖値を下げる必要があります。

 

 

このとき、食事の糖質量とインスリン注射や薬の量やタイミングがうまく合わなかったり、運動しすぎたりすると血糖値が下がりすぎて低血糖になるんです。

絶妙に調節されている自己分泌インスリンと違い、いったん体の中に外部からインスリンを入れてしまうと、どうしようもないですからね💦

特に夜中、寝ている間に低血糖になると致死的な不整脈が起こってそのまま亡くなってしまうこともあるんです。

また低血糖時には眼底出血も起こりやすくなります。高血糖は確かに良くないですが、ある意味低血糖は高血糖以上に危険かもしれないことを覚えておいてください。

 

インスリン打つから何でも食べられる?

「インスリン注射さえ打っとけば、何でも好きなものを食べられるんだから」とおっしゃる方も多いでしょう。それはそれでひとつの考えだと思います。

病院でもそのように教わりますし、ケーキやパンを食べるのが生きがいだという方だってたくさんいらっしゃるんですから。

でも、糖質の多い食品を食べながら低血糖や高血糖を起こさないようにコントロールしていくことは決して簡単なことではないという現実は知っておくべきです。

 

 

よっしーだって食事の前にインスリンを打てばカレーライスでも寿司でも食べられるかもしれません。でも、私はそこまでして食べたくないと思うので糖質制限を選びました。

1型糖尿病の方で自己分泌が足りない方は絶対にインスリン注射は必要です。特に基礎分泌の代わりをする持効型インスリンはとても重要です。

でも食事のときに打つインスリンの量は、食事内容によってかなり変わってきます。糖質の多いものを食べるためにたくさんインスリンを打って「読みが外れた」ら大変なことに💦

 

「Jカーブ現象」の理由は低血糖です

 

65~85歳の糖尿病患者を対象として行われた「高齢者糖尿病に対する前向き大規模臨床介入研究」により、HbA1cが高い患者はもちろんですが低い患者もかえって脳卒中などの合併症リスクが高いことが分かりました。

言うまでもなく、これはHbA1cが良好であることが悪いわけではありません。糖尿病ではない健康な高齢者はもっとHbA1cが低いわけですからね。

普通にカロリー制限をしながら飲み薬やインスリンで治療した場合、HbA1cを正常値に近づけようとすればするほど「低血糖」は避けられないというわけです。

高齢の糖尿病患者さんの場合、うっかり経口血糖降下薬を2回飲んでしまったとか、間違ってインスリンを多く注射してしまったという事故も起こります。

薬やインスリンには必ずリスクもあるわけなので、危険な低血糖をなるべく起こさないためにはどうすればいいのかを考えて治療を選択したいですね。

 

にゃご
にゃご

糖質制限はそもそも血糖値をムダに上げない食事なんだよね。

よっしー
よっしー

血糖値を「下げる」のと最初から「上げない」のは大きく違うわね!

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

血糖値をコントロールする
あなたの血糖値、大丈夫?~妊娠糖尿病→2型糖尿病患者の糖質制限漫画ブログ~
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.