ヒシエキス+ルテインで糖尿病網膜症予防!?

ヒシエキス+ルテインで糖尿病網膜症予防!?

糖尿病網膜症はとても怖い糖尿病合併症!

糖尿病で怖いのは血糖値が高くなったり尿に糖が出ることそのものではなく「糖尿病合併症」が起こって進行することですよね。

中でも「糖尿病網膜症」は、ある程度以上進行すると視力を完全に元通りにするのは困難であり、最悪の場合は視力を失うこともあります。

私は7年前に糖尿病と診断されて治療を開始してしばらくしてから糖尿病網膜症、それに伴う糖尿病黄斑浮腫、高眼圧と診断されて眼科へ通院を続けています。

 

網膜ドットコムは移転しました。

 

最初は黄斑浮腫がいったん治ったと思ったらまた少しぶり返したりと不安定でしたが、この頃は浮腫がない状態で安定しており、網膜症の進行もなく眼底が綺麗だと言われておりほっとしています。

さて、この怖い糖尿病網膜症を予防する方法として「ヒシエキス」「ルテイン」が効果的ではないかということで研究が行われたそうです。

ヒシエキスには「抗糖化作用」、ルテインには「抗酸化作用」があり、これが糖尿病網膜症の予防に効果的に働くのではないかと期待されるんですって。

 

にゃご
にゃご

目が見えなくなるのは困るよ~!!

よっしー
よっしー

私もよ!だから一生懸命あれこれ調べているのよ。

2型糖尿病マウスの網膜症予防に効果あり!

ヒシエキスとルテインを合わせて長期間投与することで、2型糖尿病のマウスの網膜の血流反応障害やVEGF発現が抑えられたそうです。

VEGFは新しい血管を作らせる働きを持つ物質なのですが、糖尿病網膜症の目でVEGFが増えすぎると弱くて破れやすい「新生血管」が作られるので、これを抑えるために眼球に注射(VEGF阻害剤)を行うことがあります。

ルテインは強力な酸化作用を持つ天然の色素で、ほうれん草やケール、ピスタチオ、卵黄などに含まれています


 


ヒシエキスは今回初めて知りましたが、私は以前からルテインが含まれた目のためのサプリメントを愛用しています。

研究はまだマウスで行われている段階ですが、マウスに効果があるなら人間にも効果がある可能性はありますよね、過度の期待はできませんけど…

抗酸化作用については有名なので聞いたことがある方も多いと思いますが、今回はヒシエキスの「抗糖化作用」に「おっ!」と思いましたよ。

 

糖質大量摂取では「焼け石に水」かも!?

ヒシエキスの抗糖化作用によって糖尿病網膜症が予防できるとしても、おそらく「糖化」が起きまくるような状況では効果はほんのわずか、「焼け石に水」ではないかと想像できます。

糖化は、余分な糖質が体内でタンパク質と結びついて有害な物質となり、老化や糖尿病合併症、動脈硬化、白内障やその他のいろいろな病気を引き起こすものです。

食後に血糖値が大きく上昇する時、糖化が起きやすくなります。だから血糖値を大きく上げる食生活では、多少糖化を予防するようなサプリメントを飲んだとしても焼け石に水なわけ!!

食生活を改善するのは難しいから「食事は変えずに何かを飲めばいいや♪」という方向になりがちな方が多いのは仕方ないですけど、より効果的に目や腎臓などを合併症から守りたいなら、何かを飲むだけでは不十分な気がしますよ。

 

にゃご
にゃご

アハハ…努力しないで何かを飲むだけでいいなら誰も苦労しないよ!

よっしー
よっしー

本気で目を守りたいなら、やるべきことがあるわね!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.