スポンサーリンク

血糖値とファンタグレープの砂糖水としての濃さを比較してみた

よろしければシェアしてください♪

血液は薄い砂糖水?

血糖値は英語で blood glucose level または blood sugar level と表記するそうです。

まさに血液中にブドウ糖が溶けている様子を想像してしまいますが、実際、血液ってジュースなどと比べるとどれぐらいの濃さの砂糖水なのでしょうか?

健康な人の空腹時血糖値が、年齢などにもよりますがだいたい85mg/dlぐらいです。血糖値85mg/dlだと、血液1デシリットル=100mlあたり85mg=0.085gの糖が溶けているということです。

一方、子供たちが大好きなファンタグレープは100mlあたり11.5gの炭水化物を含みます。ファンタグレープの主な材料は果糖ぶどう糖液糖、ぶどう果汁、ぶどうエキスですから、食物繊維はほとんど含まれておらず、ほぼすべてが糖質と考えていいでしょう。

ファンタグレープの砂糖水の濃さは、健康な人の平常時血糖の濃さの135倍なのです。ファンタだけでなく、他の多くの清涼飲料水は同じようなものです。

にゃご
135倍ってすごいな、おい!!

よっしー
なお今回の記事はコカ・コーラさんをdisるものではありませんので、念のため…よっしーはコカコーラゼロを愛飲しています♪

体じゅうの血液を流れる血糖の量

ヒトの成人の血液は、全部で4~5リットル。血糖値が85なら、体中の血糖を全部かき集めてみても、たったの3.4~4.3gです。小さじ1杯分よりも、もっと少ない量ですよね。

仮に食後に血糖値が3倍になっても、その量は大さじ1杯分にもなりません。その程度の量でも、体は「大変だ!!」と慌ててインスリンを分泌して血糖をそそくさと処理してしまいます

処理能力を上回ると糖尿病になってしまうわけですね。血糖値が上がりすぎることは体にとって危険なことなので、インスリンが即座に血糖値を下げるのでしょうね!

脳は1時間当たり4gの糖を消費し、赤血球は2gの糖を消費します。この程度の量なら、わざわざ糖質を経口摂取しなくても、肝臓の糖新生によってまかなうことができます(健康体の場合)。

糖尿病の方を含め、ほとんどの方は糖質制限をしても低血糖にならないですよね。もっとも、断食をしてしまうと糖新生の材料も入ってこないわけなのでさすがに低血糖気味になってきますけど…

血液は、ジュースとは比べ物にならないほど「ごく薄い砂糖水」です。そんなに薄い砂糖水が、ほんの少し濃くなっただけで、あちこちの微小な血管が詰まり、大変な事態を引き起こします。

そんなデリケートな人体に、血糖よりもずっと濃い砂糖水や砂糖の塊を毎日何度も送り込んでいると、どうなるか…

本当にご飯を食べないんですか?

ここで「そうか清涼飲料水は良くないんだな、でもご飯は清涼飲料水とは違う」と思った方がいらっしゃいますよね?

清涼飲料水ばっかり悪者と思われがちですが、ファンタグレープ500mlとご飯茶わん1杯に含まれる糖質量は、ほぼ同じなんですよ。前者のほうが多少吸収は速いかもしれませんが、デンプンも最終的には体内でブドウ糖に変わります。

先日よっしー、外食の席である方から「えっ、本当にご飯はまったく食べないんですか?玄米ならいいと思ってたんですが、玄米も食べないんですか?」とびっくり仰天されてしまいました。

かつて主治医にも「ご飯まったく食べないの?本当に??」と目を丸くされたのを覚えています。

そうでしょうね。普通「日本人がご飯を食べないなんて、信じられない!」と思われるでしょうね。

昔は、パンよりもご飯派で、忙しい母に代わって祖母が作る和食で育ったよっしーでしたが、糖尿病になってしまったので。

食べても血糖値がほとんど上がらないお米があれば食べたいですけど、残念ながら今のところ、そこまでのものはまだ無いみたいですね…

玄米も白米もそれほど差はない

玄米は、白米よりはいくらか血糖値は上がりにくいようですが、糖尿病患者であればどっちみち血糖値はかなり上がります。

よっしーは家族の中でたったひとり玄米食をしていましたが糖尿病になったので、残念ながらあまり効果はなかったというしかないですね。

白米を食べている母は糖尿病ではありませんけど、これは生まれ持った体質による違いでしょう。母は筋トレも一切していません…しかし、遺伝子の違いを嘆いてみたところで、どうにもなりませんよね。

健康な人は運動を一切しなくても、どれだけお米を食べても食後血糖値が150を超えることはまずないそうです。

まだ糖尿病ではない方は食後血糖値を測定することはほとんどないでしょうけど、測ってみると「えーっ!?こんなに上がっているの??」とビックリしてしまう方もいらっしゃるかも。

空腹時血糖値は正常で食後血糖値だけが急上昇する(=血糖値スパイク)方は、糖尿病の初期段階にはかなり多いんです。

血糖値が正常範囲を超えて上がってしまうのであれば、毎食後に運動するか、あるいは血糖値が上がらない範囲で量を減らして食べるか、どちらかしかないでしょう。

主食無しの生活には、すぐに慣れる

2型糖尿病で、お米を食べるためにインスリン注射をするという選択もないわけではありませんが、2型糖尿病の場合は主食を食べなければインスリン注射は回避できる方が多いのです。

どちらを選ぶか、ということですね。インスリン注射を打って糖質を食べるのは個人の自由ですが、低血糖以外にもインスリン注射にはリスクがあることを知っておくべきです。病院では教えてもらえませんけどね。

お米を食べないというと、何かとても大変なことのように思われるかもしれませんが、やってみると案外すぐに慣れるものです。

自然と、おかずの味付けも薄味になります。糖質制限を始めてから、市販のレシピ本通りに作ると濃すぎると感じるようになりました。血圧が高い人にとっては、いい事尽くめですよね♪

糖質制限を始めた頃は、主食がないと物足りなく感じてしまうかもしれません。
慣れるまでは「主食もどきレシピ」を利用して、いろいろ工夫してみるといいでしょう。

上の本に載っているおにぎりもどき、オムライスもどきは、かなり美味しかったですよ♪

にゃご
これまで糖質食べ放題の生活を送ってきた人にとっては辛いだろうけど、頑張ってみてほしいな!

よっしー
そう思うわ。糖尿病合併症を進行させないためにも、糖質が本当にそこまで必要なのかどうかよく考えてみてほしいわね♪

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください♪



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.