2045年、世界の糖尿病患者が7億人に!?

2045年糖尿病患者が7億人になるかもしれない

糖尿病患者は激増している!

【世界糖尿病デー】世界の4億6300万人が糖尿病 11人に1人が糖尿病|ニュース
国内外の糖尿病関連情報をスピーディーにお...

 

現在、世界の糖尿病患者は4億6300万人(11人にひとり)で、患者数は爆発的に増え続けており、2045年には7億人になるのではないかと予想されるそうです。

世界の糖尿病患者にかかる医療費は全医療費の約10%を占めるそうで、これはなかなか大変な問題ですよね。

糖尿病患者の5人にひとりは65歳以上だそうなので、まだ若い方でいま大丈夫だからといって「自分は糖尿病体質ではないから」と油断してはいけませんね。

 

糖尿病を予防しようと言う内容のマンガ

 

昔は2型糖尿病は「贅沢病」と呼ばれていたそうですが、世界の糖尿病患者の75%以上はいわゆる「高所得国」ではない国に住んでいるそうです。

世界の人口は増加していて高齢者も増えていますから、ある程度糖尿病患者数も増えるのは仕方がないことかもしれません。

しかしかなり昔から「糖尿病を予防しよう」「バランスよく食べよう」「動物性脂肪は良くない」「運動しよう」などと言われているわりに、あまり効果が出ていないような気がするのですが…

 

まじめん
まじめん

昔から良いと言われていることを守らない人だけが糖尿病になると言うわけじゃないと思いますね。

よっしー
よっしー

守れていない人も多いだろうけど、従来良いとされてきた方法がすべての人に有効なわけではないんじゃないかしら。

どうしたら糖尿病を減らせるのか?

よく「食の欧米化が糖尿病が増えた原因だ」と言われますが、欧米でも1980年ごろから糖尿病が激増しているそうです。

日本国内でも糖尿病が多い地域とそうでもない地域があり、ひとつの原因として「歩く量の違い」があるのではないかと思います。

食後に歩くと血糖値が上がりにくいことはみなさんも経験的によく分かっていらっしゃると思います。都会では車に乗らず電車に乗るため駅まで歩く方が多いので意外に糖尿病が少ないのではないでしょうか。

 



 

私はもともとスポーツジムで働いていて十分に運動していましたが、せっかく運動したのに「筋肉のため」と運動後に玄米おにぎりなどを食べていたのがあまり良くなかったのかもしれません。プロテインだけにしておけば…

また主食の摂取量は昔より減ったかもしれませんが、清涼飲料水やお菓子の消費量は増えていますよね?

昔と比べるとロクに体を動かさないのに、必要以上に糖質(エネルギーにしかならない、余ればすべて体脂肪になる)を摂取する必要が本当にあるのかどうかを考えないと。

 

糖尿病の早期発見も大事だが予防しなければ…

糖尿病を早期発見しようというのは重要なことです。かなり太っていたり暴飲暴食していて2型糖尿病になった方の場合、それらを解消するだけで糖尿病が寛解することもあるからです。

しかし早期発見することも大事ですけど、まず「糖尿病を予防する」ことを考えないと糖尿病患者は増える一方ではないでしょうか。

私のように遺伝があると、かなり気を付けていても糖尿病になってしまうことはあります。でも「砂糖が入った飲み物を減らそう」「食後はなるべく歩こう」というだけでも一般的にはかなり効果があると思いますよ。

そしてそれだけでは不十分な方たちのために別の方法も選択肢として提示されれば、糖尿病はかなり減るのではないかと思いますが、いかがでしょう?

 

まじめん
まじめん

本気で世界から糖尿病を減らそうと思うなら、今までのやり方では不十分なんですよね。

よっしー
よっしー

糖尿病患者がさらに激増したら一部の方は利益が増えるかもしれないけど、大変なことよね!みんなで予防しましょう。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.