糖尿病の食事療法に温度差がある理由


にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


なぜこんなに個人差が!?

同じ糖尿病で食事療法をすると言っても、「暴飲暴食をやめてバランスのいい腹8分目の食事にするだけでほとんど治ったも同然になっちゃった」という方から「きっちり糖質制限食をして、ようやく何とか…」という方まで。

この差はいったい何なのでしょう?

 

 

上の表を見てください。

Aさんはもともとインスリンの分泌能力が高くて、暴飲暴食して糖尿病になりました。でも、糖尿病になって多少インスリン分泌能力は失われたとはいえ、毎食ごはん1杯程度の糖質量(図の中の水色のライン)であれば血糖値は正常値をキープできます。

いっぽう、もともと糖尿病になりやすい体質のBさんは糖尿病発症前はごはん1杯程度であればなんとかギリギリ血糖値は正常値でしたが、発症後はその量は多すぎて高血糖になってしまいます。

Aさんは「僕は普通に食べても血糖値は上がらない。だから極端な糖質制限は必要ない」と言い、Bさんは「僕は糖質制限しないと無理だ」と思うわけです。
ここに温度差が生まれます。

 

遺伝による体質の違い…

Aさんのようなタイプは欧米人に多いです。

かなり暴飲暴食したとか、太りすぎたとか、よほどのことをしないと糖尿病にはならないタイプです。

 

 

一方、Bさんのようなタイプはアジア人に多いです。
発症時、体重は肥満ではなく標準体重の人が半分を占めています。

なんとも不公平な気がしますが、インスリン分泌能力が低いのは遺伝による体質だと思われます。

 

運動療法には限界がある

もちろん、出来る範囲で運動して血糖を消費することも効果的ですが、限界があります。

元プロ野球選手の清原和博氏が若いころからあんなに本格的に筋トレをして鍛えていたのに重度の糖尿病になってしまった(血糖値900まで行ったのは本当でしょうか!?)のは、それ以上に食べすぎていたせいでしょうね。

 

 

アントニオ猪木氏も現役時代からの糖尿病で、血糖値600になったこともあるとか。体づくりのために普通の人の何倍も食べていたとおっしゃっていましたね。

重要なのは「今の自分に残っている、糖を処理する能力の範囲内で食べる」ことじゃないでしょうか? 運動を過信したり、自分よりもその能力が高い人と比較してマネをしてもダメなのですね。