NASHが糖尿病患者の生命を奪う!?

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


お酒を飲まなくても脂肪肝になる

お酒を飲みすぎると脂肪肝になる、つまり肝臓がフォアグラ状態になることは誰でも知っていると思います。

しかし、お酒を飲まなくても脂肪肝になり、それが重症化してNASH(ナッシュ=非アルコール性脂肪肝炎)と言うのですが、このNASHを放置すると、5~10年で肝硬変に移行し、肝臓がんへ進行する可能性が高いとのこと。

糖尿病患者は肝臓がんによる死亡率が高く、肝臓がんの原因としてNASHが挙げられます。これはとても気になる情報ですよね…

 

 

日本人の成人の3~4%がNASHにかかっているそうですが、糖尿病患者に限って言えばもっと多いのでしょうね。

よっしーも糖尿病と診断されたとき、NASHとまでは言えませんが「脂肪肝」と診断されました。腹部エコーでは素人の目にも分かるほど肝臓が白っぽく写っていましたし、検査結果の紙にも「脂肪肝」と書いてありました…

 

どうしてNASHになってしまうのか?

ではお酒も飲まないのにどうして肝臓がやられてしまうのでしょうか?

ひとつの原因として「糖質の摂りすぎ」が挙げられるそうです。下の図は日経グッディ様からお借りしました。

 

 

よっしーが脂肪肝と診断されたときはγーGTPの値は検査していなかったので分かりませんが、LDH(乳酸脱水素酵素)という値が正常上限よりもオーバーしていました。

この数値はすい臓や肝臓などに問題があると上昇するそうですね。糖質制限食を始めてからはずっと正常値の低いほうをキープしているので、ほっとしています。

さて、糖質を摂りすぎると肝臓に中性脂肪が蓄積し、これがNASHの原因になります。糖質は、必要なエネルギーとして使われる量以外は、肝臓などに中性脂肪として蓄積されます。

 

 

蓄積された中性脂肪はにエネルギーとして消費されていきますが、使われる量よりも食事で摂る量の方が多ければ、中性脂肪がどんどん増えてしまいます。

よっしーの中性脂肪の値はいつ測定しても50前後ですが、みなさんは大丈夫ですか?たとえばフルーツは果糖が多いので血糖値を上げにくいなどと言われていますが、果糖は体内でダイレクトに中性脂肪に変わります。

食べすぎれば脂肪肝の原因になることも考えられるのですよ。

 

NASHを防いで肝臓を守りましょう

NASHは肝硬変や肝臓がんに進むことがある恐ろしい病気です。

NASHにならないためには「糖質の摂りすぎを防ぎ」「中性脂肪が肝臓に蓄積されないように運動を習慣にし」「もちろん、過度の飲酒もつつしむ」ことが大事ですね。

 

 

糖質制限食はNASHの予防改善としても最適な方法ですが、すでにNASHの状態が進んで肝硬変になってしまっている方は糖新生がうまくできなくなってしまっていて、糖質制限すると低血糖を起こす可能性があるそうです。

糖質制限食を正しく行っているのに低血糖を起こした方は、1度肝臓の検査を受けたほうがいいかもしれませんね。

できれば、そうなる前に早めに対策したいものです。