糖質制限食でも【ベーサルインスリン】は絶対に必要!!

断食するからとインスリン注射を全部やめた結果…

かなり昔、昭和の出来事ですが「インスリン依存状態の糖尿病の患者が断食道場で断食を行い、インスリンをいっさい注射せずに高血糖昏睡状態に陥って死亡」という事故があったそうです。

この患者さんは運動療法と通常の食事療法では血糖値がコントロールできず、インスリン注射だけではなく血糖値を下げる飲み薬も服用していたそうですが、1型糖尿病なのかそれとも重症の2型糖尿病だったのでしょうか?

血糖値を下げるホルモン「インスリン」のうち「基礎インスリン(ベーサルインスリン)」は24時間分泌されるインスリンで、「追加インスリン(ボーラスインスリン)」は食後など血糖値の上昇に合わせて分泌されるインスリンです。

心臓を動かしたり呼吸をしたり胃腸を動かすのに必要なホルモンには、すべて血糖を上昇させる作用があります。これらに対抗して血糖値が上がりすぎないようにするため、たとえ就寝中であっても基礎インスリンは少量ずつ分泌されているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この場合は断食でしたが、糖質制限など食事療法によって即・減らせる可能性があるインスリンは「追加インスリン」のほうです。

「基礎インスリン」は食事とは関係なく24時間分泌されているので、基礎インスリンを補う注射をやめてしまうと空腹時血糖値が上昇してしまいます。

糖尿病性ケトアシドーシスは1型糖尿病の方がインスリンを打たなかったときなどに起こりやすいですが、私のように2型でも起こることがあります。

6年半前に私が入院した時は、前夜から何も食べていないにも関わらず血糖値が475もありました。インスリンが作用しない状態に陥ると、食事しなくても肝臓がどんどん「糖新生」を行い、ブドウ糖が放出されます…

 

なごみ
なごみ

何も食べなくても、インスリンがきちんと作用しないと血糖値はどんどん上がってしまうのですね!

よっしー
よっしー

そうなのよ。「何も食べなきゃ上がらない」ではないの!!

基礎インスリンと追加インスリンは別!

「糖質制限で2型糖尿病患者がインスリン注射をやめることができた」という例は多く、私も「あなたの場合は一生やめられないでしょう」と言われた基礎インスリンを7か月でやめることができました。

ただ「追加インスリン」と違い「基礎インスリン」は2型糖尿病の場合は長期的に少しずつ必要量が減って減らせる場合がありますが、基本的には「食事を変えたからやめられる」ものではないんですよね💦

「インスリン注射をやめられる?そんなわけないじゃないか!インスリン注射をやめるのはすごく危険な事なのに!」と仰る方も以前お見かけしたことがありますが、「やめられる」「ぐっと減らせる」のは普通は「追加インスリン」のことです。

 



 

私は「1型糖尿病でも糖質制限すればすべてのインスリン注射をやめられます」と断言する医師は見たことが無いですし、自称・祈祷師の男が1型糖尿病の男の子にインスリン注射をやめさせて死亡するという事件も起きています💦

1型糖尿病で糖質制限しながらインスリン注射の使用量を少なく抑えている方もいらっしゃいますが、自己分泌がある程度以上減っている場合、基礎インスリンは必ず打っていらっしゃいます。

「基礎インスリン」は必ず必要なものであり、基礎インスリン分泌がある程度以上不足している場合は注射によって補わなければいけません。

 

ベーサルインスリン注射をやめられる?

私が退院するとき、看護師さんは「注射を減らせることはあるかもしれないけど、完全にやめるのは無理と思う」とおっしゃいました。

そしてその数か月後、当時の主治医から「あなたの場合はベーサルインスリンをやめるのは無理なのでこの先も一生必要です」と言われたのです。

主治医が「あなたの場合は」とおっしゃったのは、たとえば一時的に清涼飲料水をがぶ飲みしすぎたとかで急激に高血糖になった人の場合はインスリンを中止できることもあるけどあなたはそうではなく何年も前からの糖尿病だろうから…ということでしょうか。すでに合併症がありましたもんね💦

1型糖尿病で基礎インスリン分泌が足りない方は、足りない分を必ず注射で補わなければいけません。

 

【8/27更新!】糖尿病内科医・甘栗ミカコ | よっしーさんのチャレンジ作品 - comicoマンガ
糖尿病内科医として勤務する若い女医・甘栗ミカコ。そこにはさまざまな患者さんのドラマがあった。

 

2型糖尿病でも発症からの期間が長くなってインスリン分泌がかなり低下している場合は注射をしなければいけない事もあるそうです。

私の場合、入院中の検査で「インスリン分泌がかなり低下している、インスリン依存状態」と言われていましたが、1年後の再検査では結構(本人比)回復していることが分かりました。

インスリンを分泌するすい臓のβ細胞への負担を軽くしてやれば、少しずつ「元気を取り戻して」場合によってはベーサルインスリンが不要になることもあるのでしょう。

ただベーサルインスリンは、食事を変えたからと言って即・減らしたりやめられるものではなく、しかも誰でも絶対に減らしていけるとは限らないものであることを忘れてはいけません。

 

なごみ
なごみ

ベーサルインスリンってすごく重要なものなんですね!

よっしー
よっしー

たとえベーサルインスリンの注射が必要でも、ボーラスインスリンの必要量を減らすために食事を変えることには意味があるわ!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.