糖尿病専門医が足りていない!?ではどうするべきか。

糖尿病専門医が足りない!糖尿病専門医はそうではない医師よりも優れているのか?

糖尿病専門医が足りていない!?

現在、日本国内の2型糖尿病患者は約1000万人と推定されています。それに対して「糖尿病専門医」はわずか6800人程度なのだそうです。

しかし患者の約4人にひとりは糖尿病治療を受けていない(中断してしまった方を含む)のだそうです。だから750万人の患者に対して6800人の糖尿病専門医ということになるでしょうかね。

糖尿病専門医は、規定の研修を受けて症例レポートを提出し、試験に合格することでなることができます。糖尿病専門医になった後も5年毎に更新が必要です。

 

10話無料|糖尿病専門医 甘栗ミカコのカルテ|無料漫画(まんが)ならマンガDX+
『糖尿病専門医甘栗ミカコのカルテ』の出版社公式アプリ|人気ブロガーが描く、糖尿病を始めとする病気のアレコレ!他人事でない、「家族」にまつわる悩みを、名医・甘栗ミカコが心も身体も治療する!|マンガDX+なら無料で読める!

 

私の主治医もベテランの糖尿病専門医・指導医です。お姉さん的な存在で、どんなことでも気軽に相談できる感じの女医さんでありがたく思っています。「甘栗ミカコ」も主治医からイメージして生まれたキャラです♪

さて、糖尿病治療を受けている患者数750万を6800で割ると約1103人!!医師ひとりでとてもこんなにたくさんは診ることができないでしょう。

だから実際には「糖尿病専門医ではない医師」が糖尿病患者を診ることも多いはずですが、それってどうなのでしょうか?良くないことなのでしょうか?

 

まじめん
まじめん

糖尿病専門医のほうが、そうでない医師より優秀なイメージがあるんですが…

よっしー
よっしー

そう思うかもしれないわね。しかし本当にそう言えるかしら?

「糖尿病患者を診るけど糖尿病専門医ではない医師」とは?

「糖尿病患者を診察するけど糖尿病専門医ではない医師」とはどういう医師なのでしょうか?

まず考えられるのは、若いのでまだ糖尿病専門医の資格を持っていない医師です。私が8年半前に初めて糖尿病と診断されたときの主治医は当時まだ20代の若い医師で糖尿病専門医ではありませんでした(現在は糖尿病専門医です)。

糖尿病専門医になるためにはまず規定の研修を受けなければいけません。その研修がまだ終わっていない医師は当然、糖尿病専門医ではありませんよね。

 



 

また何らかの理由により糖尿病専門医の資格を取得しなかった医師もいます。別に糖尿病専門医の資格がないと糖尿病を診てはいけないわけではありません。

私の父も糖尿病ですが、父が通っている内科医院の先生は糖尿病専門医ではない内科医です。特に問題はないみたいです。

 

専門医かどうかは重要?そうでもない?

2020年11月にm3.com会員の医師を対象にエムスリーキャリアが実施したアンケートによれば「専門医資格の有無は医師の知識・スキルの判断材料として参考になる」と答えた医師は6割弱でした。

医師同士であっても、必ずしも「この医師は専門医だからそうでない医師よりも優れている」と思っているわけではない、ということでしょうか。「専門医資格が必要かどうか疑問に感じる時がある」と回答した医師も結構いらっしゃったそうです。

糖質制限で有名な京都の江部康二医師は、じつは糖尿病専門医ではないです。同じく水野雅登医師新井圭輔医師もそうです。

これは想像ですが、糖尿病専門医だと基本的に日本糖尿病学会の診療ガイドラインに沿った治療しか行えないのではないでしょうか?

 


 

 

私の主治医は総合病院勤務の糖尿病専門医ですが、ベテラン(50代)だからこそ私の好きなようにやらせてくださるのかもしれません。若い医師はもっとマニュアル通りの方が多かった気がします。

いわゆる標準治療に詳しい医師がいいなら絶対に糖尿病専門医、そうではないなら口コミとか実績、著書などを参考にして選ぶといいのかもしれませんね。

残念ながら糖尿病の場合「スーパードクターに手術してもらってスッキリ完治!」という類の病気とは違いますしね…まだいろいろはっきりしないこともあります。

標準治療に詳しいのは糖尿病専門医です。その数は十分とは言えません。あなたが求めるもの、もっとも重要だと思うことは何なのかを考えて主治医を選んでくださいね♪

 

まじめん
まじめん

標準治療についてたくさん学んだのが糖尿病専門医なのですね!

よっしー
よっしー

もちろん標準治療が悪いわけじゃないけど、そこにこだわるあまり糖質制限を否定する先生もいらっしゃるからね!よく考えましょうね。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.