糖尿病患者でも食を楽しみたい、ヒトの食事はエサではないものね。

糖質制限する人は食に楽しみを求めない人??

以前、糖質制限を勧められたけど結局どうしても食べたくて続かなかった方が「糖質制限する人たちは、食に楽しみを求めない人だ」とおっしゃったのを見かけたことがあります。

うーん「食に楽しみを求めない人」って言うのは違うんだけどなぁ。正確に言えば「糖質以外の食べ物に楽しみを見出すことにした人」かなぁ…

これまで極端に大食いだった方は、ちょっと食べる量を減らすだけでも血糖値は劇的に改善することもあるでしょう。

でも、元々そうではない方が「バランスの良い食事」を普通に食べれば、血糖値はどうしても爆上がりしてしまうわけですよ。

白米を玄米にチェンジしてもダメ、食後に運動してもダメ、それなら薬やインスリン注射で血糖値を下げるか、あるいは糖質制限するかの選択になるではありませんか。

どんな薬にも必ず副作用がありますし、中には死亡した方もいらっしゃいます。インスリン注射による低血糖で眠ったまま亡くなる方もいらっしゃいます。

よっしーが糖質制限を選んだのは決して「食に楽しみを求めていない」からではなく、食べる楽しみと薬やインスリン注射のリスクを考えて糖質制限を選択したということなんです。

にゃご
まぁ何だ「取れないブドウは酸っぱい」的なやつなんじゃないかな、きっと。

よっしー
そうかもしれないけど、なんだかちょっと気になったものだから…

ヒトの食事には楽しみも必要です

健康のことを考えて「理想」を語るのはとても簡単なんです。人体にとって必要なものだけを食べ、それ以外は一切食べてはいけません!というのが答えでしょう。

でも、そんな食生活に耐えられる人が果たしてどれだけいるでしょうか?友達と一切付き合わず、山奥で自給自足の仙人のような暮らしをしない限り無理というものです。

糖質ゼロ麺やブランパン、糖質オフスイーツだって栄養学的にはまったく無くてもいいものだと思います、ダイエットコーラなども。

だからといってこういう商品の存在を全否定して「一切食べてはいけない!」というのも現実問題としてはどうかと思うのですよ。

食品添加物、人工甘味料…確かに、糖質以外にも気を付けるべきポイントはいくつもあると思いますよ。

しかし、まず最優先すべきは糖質による血糖値の乱高下やそれに伴う高インスリン血症を防ぐことであり、それ以外のことは個人的にはそこまで優先度は高くありません。

何を最優先にするかはその人の自由なので「私は血糖値の乱高下は気にしないけど人工甘味料は危険だと思うので、普通の砂糖を食べるわ!」というのは別に構わないですよ。

ただそれは自分が黙って実践すればいいことであって、他の人にもそれを強要するのは良くないと思うんですよね。

みんなが「この新作の糖質オフスイーツ美味しいね♪」なんて盛り上がっているところに「それは体に悪いです!」なんてわざわざ言う方は苦手ですね💦

よっしーは外食の席などで「あなたも糖質制限したほうがいいよ!」などということは一切言わないです。向こうから何か訊いてきたら答えますが…

ヒトの食事はエサとは違うから…

ヒトの健康をとことん追求すると、何かペットフードみたいに必要な栄養だけを配合したような味気ない食事になるのではないかと思われるかも。

でもそんなことはありません。1日当たりの糖質・脂質・タンパク質や各種ミネラルの目標摂取量はだいたい決めていますが、アプリを使ってゲーム感覚でやっています。

それに、世界中のおいしいものって糖質が多いものばかりじゃないですよね。ステーキも魚料理もチーズもみんな大丈夫♪

「糖尿病だからといって食べてはいけない食品があるわけではないんですよ」「なんでも食べていいんですよ」とは、よく言われる言葉です。

でも、それを食べるために薬やインスリン注射を使用しなければいけないのであれば、食べる楽しみと薬やインスリン注射による健康へのリスクを天秤にかける必要があります

ヒトの食欲は感情にもかなり左右されますし、必要な栄養だけ集めたエサみたいな食事では確かにつまりません。それでは美味しくないでしょうし楽しくもありません💦

かといって「薬やインスリンさえ使えば何を食べてもいいんですよ♪」というのも何か違う気がします。病院では、低血糖以外の副作用なんてほとんど説明されませんからね。

手持ちの30年ぐらい前に出版された医師向けの本にはすでに「高インスリン血症は動脈硬化を進行させる」「医原性の合併症だけは避けたいものである」と書かれていましたよ。

食事の何にこだわるか優先順位を考えてみましょう

あなたが食事のどこにこだわるかは、あなたが自由に決めていいことです。ただし糖尿病患者であれば、まず優先すべきポイントというものがあります。

食べる楽しみと健康への影響を天秤にかけた時、何をどこまで許すかはあなたが自分の体と相談して自分で決めなければいけません。

あまりにもストイックすぎると継続できませんし、食べる楽しみを大事にし過ぎて血糖値が爆上がりしているようでは大問題です。

そして、あなたが自分のために決めたことはあくまでもあなたの場合に適用すべきものであって、他人に「俺と100%同じやり方ができない奴はケシカラン」などと言ってはいけません。

中には、自分がやってみてうまくいった方法を他人にも教えたいという思いがあまりにも強すぎる方もいらっしゃるのでね💦

広い世の中には、血糖値に大きく影響しない上とても美味しい食べ物もいっぱいあるんです。そして、血糖値に影響が少ない範囲でたまには楽しみだって見つけたいですよね♪

にゃご
100%カンペキな食生活なんて無理だけど、まず優先すべきことから改善していかないといけないよね。

よっしー
0か100かっていう極端な思考は辛いし実現不可能だわ。絶対守るべき点から優先的に守り、後は自分次第ってとこね。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.